俳句添削道場(投句と批評)

季詠さんの添削投稿の古い順の3ページ目

「遠雷に我が子の寝息心配す」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 遠雷に我が子の寝息心配す

こんばんは。はじめまして😌

私も勉強を始めたばかりで、試行錯誤の真っ只中なのですが、一緒に頑張っていけたら、と思います。

御句ですが、「我が子」を「吾子」にすれば、一音削れるので、助詞の「を」を入れてみてはいかがでしょうか?

遠雷に吾子の寝息を心配す

「遠雷や」で切れを見てもよいかも知れません。
少しでもご参考になれば、幸いです💦

点数: 2

「西瓜なら食える睡眠一時間」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 西瓜なら食える睡眠一時間

こんにちは。お世話になります😌

側溝の句にコメントを下さり、ありがとうございました。
連なっているところにかろうじて、詩情があるかないかの句だったので、添削していただいて、より言いたいことが伝わり易くなったようにかんじます! 語順も大事なんですね💦

御句、「西瓜なら食える」の勢いで笑い、「睡眠一時間」の過酷さで南風の記憶様のお体を案じてしまいました。私だったら安易に「徹夜明け」とか「寝不足の」といった言葉を使ってしまいそうなところを具体的に「睡眠一時間」とされたところにリアリティとオリジナリティを感じました。
熱中症も流行っています。ご自愛下さいませ🍉

点数: 1

「自己主張したる西瓜の縞模様」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 自己主張したる西瓜の縞模様

こんばんは😌
ねずみ花火の句にコメントを下さり、ありがとうございました。
切れ字のおかげで、よりねずみ花火のわんぱくさが強調されて素敵な句になりました! 鼠もひらがなの方がノスタルジックで良いと思います。

御句ですが、確かに西瓜の縞模様は一つとして同じもののない、彼らにとってはアイデンティティの一つなのかもしれないですね。擬人化を避けるべく、「自己主張したる」の部分を言い換えられないか、うんうん頭を捻ったのですが、安易な擬人化ではない、との結論に達し、完璧な一句だとの考えに至りました。私も綺麗な縞模様のような一句を捻り出すべく、冷水で頭を冷やして来ます🍉

点数: 1

「秋刀魚食べ焼酎過ぎて肘枕」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 秋刀魚食べ焼酎過ぎて肘枕

こんばんは😌
ねずみ花火の句にコメントを下さり、ありがとうございました。
褒めていただけて、嬉しいです! 仰る通り、鼠はねずみに変えることにいたしました。お陰様で、句の印象が柔らかくなりました。

御句ですが、焼酎も季語なんですね💦他の方達のコメントを拝読して初めて知りました。情景がすごくよく浮かんで、美味しいし、気持ちいいんだろうなぁと共感のできる句でした。慣れぬお酒とのことなので、ご自愛くださいませ🍵

点数: 1

「咲き満ちて山寺明かし百日紅」の批評

回答者 季詠

添削した俳句: 咲き満ちて山寺明かし百日紅

こんばんは😌
汚名を挽回しようとなさらないでください。
返上してくださるよう、お願いいたします。笑

御句、情景がすぐ眼に浮かびました。百日紅は子供の頃、よく登っていたので、思い出深い木です。沢山の花が咲き乱れているところは、まだ見たことがないのですが、きっと綺麗なのでしょうね。

秋刀魚の句も楽しみにお待ちしています😊

点数: 1

季詠さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

秋天に缶蹴り上ぐる子らの声

回答数 : 4

投稿日時:

掛け初めの眼鏡と灯火親しめり

回答数 : 3

投稿日時:

天の川思い思われふりふられ

回答数 : 3

投稿日時:

焦熱に脂垂らし堪ふる秋刀魚

回答数 : 2

投稿日時:

狂奔の鼠花火の父襲ふ

回答数 : 3

投稿日時:

季詠さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

山の裾芭蕉の句碑に雪を置く

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

篝火のまぶしき舞台春の闇

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

春月夜青から赤の交差点

作者名 三角すい 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ