俳句添削道場(投句と批評)

鬼胡桃さんの添削投稿の古い順の60ページ目

「権力財産地位名声なんにもないけど螽斯」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 権力財産地位名声なんにもないけど螽斯

お久しぶりです。
句を読みましてしゅうこうさんと被りますがわたしも難しいと感じました。
あと、句跨りの句を2句投句しましたのでコメントお願いいたします。

点数: 0

「ドロップのカンカン錆びてゐて残暑」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: ドロップのカンカン錆びてゐて残暑

おはようございます。
お久しぶりです。
句を読みまして、終戦間際の火垂るの墓の句とすぐに理解できました。
個人的にドロップからカンカンは重複しないと感じました。今はプラの袋や瓶入りのも有りますので。逆にサクマドロップと昔からあるイメージをカンカンとドロップで推理できました。
あと、カンカンは方言ではないと思います。私道産子ですが、こちら方面も空き缶やドロップの缶はカンカンと言いますから、意味は通じます。
あと句跨り句を数句投句しましたのでコメントお願いいたします。

点数: 1

「花を恋ひネアンデルタアル人死す」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 花を恋ひネアンデルタアル人死す

おはよう御座います。この句はチャレンジしてると実感しました。
私もチャレンジ句を投句します、私の場合は季語でない言葉を季語に見立て句にします。
負乗さんの句は、言葉を別の方面から解釈した句と判断しました。
確かに俳句の世界では花という単語は桜を意味した春の句と認識されますが、この句の場合は、ある人は春の屈葬の様子の句とみなすか、緋夢灯さんのおっしゃる春なら桜、夏なら紫陽花、秋なら菊、冬なら牡丹のようにあらゆる季節の花を手向けてる句と認識するか、十人十色な判断がされると感じます。でも私はこのスタイル好きです。
最近句跨りの句を投句しましたのでコメントお願い致します。

点数: 2

「からつぽの受信トレイや夏の果」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: からつぽの受信トレイや夏の果

こんばんは。句を読みまして私には別れた元カノの受信メールにあるメールを消して空にした夏の終わり時の失恋の句かなと想像しましたが、盆休みの句だったんですね。これは一本取られました。
最近句跨りの句を2句投句しましたのでコメントお願い致します。

点数: 1

「鶺鴒も渡る横断歩道かな」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 鶺鴒も渡る横断歩道かな

こんばんは。
お久しぶりです。
作句に四苦八苦のカイです。
句を読みまして、他の方の意見と被りますが、動詞の件と上五の助詞[も]がん?と感じました。
助詞[も]は散文になりやすい助詞の為、俳句では使われません。読んだ時[この横断歩道をセキレイも人間と同じくわたります]という説明的に感じますので、助詞[の]も有りますが、私なら助詞[と]を使うかなと考えました。
鶺鴒と歩く横断歩道かな
最近句跨りの句を2句投句しましたのでコメントお願いいたします。

点数: 1

鬼胡桃さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

食堂へ5個のブッシュドノエルかな

回答数 : 3

投稿日時:

狛犬の耳に5本の氷柱かな

回答数 : 2

投稿日時:

皺深き漁師へホットドリンクス

回答数 : 0

投稿日時:

地獄谷展望台へ冬蛍

回答数 : 0

投稿日時:

暖冬や磨く百個のトラバサミ

回答数 : 0

投稿日時:

鬼胡桃さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

秋まつり少年さばく大太鼓

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

入学日おとな歯磨き粉がからい

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

姉と我ポールモーリア聞く夏夜

作者名 優子 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ