俳句添削道場(投句と批評)

鬼胡桃さんの添削得点の低い順の59ページ目

「薫風や埃まみれの作業服」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 薫風や埃まみれの作業服

こんばんは。
句を読みまして、ストレートな句に感じました。
薫風の爽やかさと身を粉にして働き、埃だらけにしてる作業服から感じる暑苦しさの対比を感じました。
句を投句しましたので、コメントお願い致します。
あと、コメントに記してほしいのですが、ちゃあきさんは季語を名詞とみなしてますか?
活用形で連体形と終止形の事を考える時、2つが同じ形の時に季語を名詞と見なして良いのかと考える時が最近ありますので、意見をお願い致します。

点数: 1

「鳴かぬので噂をすれば時鳥」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 鳴かぬので噂をすれば時鳥

こんばんは。
句を読みまして、下五の読みから他の方と被りますが3人の武人の句のオマージュを考えました。
わたしが思った事が2つあります。
一つは、中七の噂をすればが、説明的に感じました。コソコソ話みたいなのなら登場人物達の動きの映像があると思います。
二つ目は季語の表記を時鳥としたのかです。ホトトギスは、[不如帰]、[子規]、[杜鵑]と他にも色々ありますが、なぜこの漢字を使ったかが[ん?]と思いました。
句を投句しましたので、コメントお願い致します。
あと、コメントに記してほしいのですが、郁爺さんは季語を名詞とみなしてますか?
活用形で連体形と終止形の事を考える時、2つが同じ形の時に季語を名詞と見なして良いのかと考える時が最近ありますので、意見をお願い致します。

点数: 1

「鳴かぬので噂をすれば時鳥」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 鳴かぬので噂をすれば時鳥

あと、すみません。
私このホトトギスの句からヒントを得た句を思いついたので、ホトトギスを季語にした句を投句してよろしいですか?
事前に報告すればトラブルを防げますので。

点数: 1

「運転席の高みより夏の海」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 運転席の高みより夏の海

こんばんは。
句を読みまして、言いたい事はストレートだと感じました。ただ形が7.10の型の破調だとわかりますが、今回はリズムが良くないと感じました。
あと運転席には、高い位置の運転席もトラックや大型バスのようにありますから、高みが説明的に感じました。
添削句に関しましては、私もたーとるQさんの句に一票です。
あとお願いがあります。
この句の前に、負乗さんが投句しましたホトトギスの句から、私はヒントを得ましたので、季語ホトトギスを使った句を投句してよろしいでしょうか?
事前にお願いをすればトラブルを起こさずに済むと考え、この場でお願いしました。

点数: 1

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 鬼胡桃

添削した俳句: 八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ

こんばんは。そしてお久しぶりです。
句を読みまして、五月雨時に見たジャンクションを、八岐大蛇にみたてた字余りの比喩の句だと分かりました。
厳格な人なら字余りだとして厳しく見るかもしれませんが、私は好きです。
イサクさんのコメントにもありますが、見たのでしたら、上九の所を[めく]が良いと思います。
あとわからない点で、句の最後にある[ゝ]ですが、これはなんと読むのですか?踊り字なのは知っていますが。
あと句を投句しましたので、コメントお願い致します。
あと、コメントに記してほしいのですが、げばげばさんは季語を名詞とみなしてますか?
動詞の活用形で連体形と終止形の事を考える時、2つが同じ形の時に季語を名詞と見なして良いのかと考える時が最近ありますので、意見をお願い致します。

点数: 1

鬼胡桃さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

食堂へ5個のブッシュドノエルかな

回答数 : 3

投稿日時:

狛犬の耳に5本の氷柱かな

回答数 : 2

投稿日時:

皺深き漁師へホットドリンクス

回答数 : 0

投稿日時:

地獄谷展望台へ冬蛍

回答数 : 0

投稿日時:

暖冬や磨く百個のトラバサミ

回答数 : 0

投稿日時:

鬼胡桃さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ハロヰンの怪物挙る渋谷かな

作者名 もるまみれ 回答数 : 0

投稿日時:

すり減ったギターピックや秋深し

作者名 つちや郷里 回答数 : 5

投稿日時:

在りし日の面影とゆく花野かな

作者名 おかえさき 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ