俳句添削道場(投句と批評)
なおじいさんのランク: 師匠2095段 合計点: 6,403

なおじいさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

陽炎の立つやあの日のヘアピンに

回答数 : 24

投稿日時:

鹿尾菜煮て今なら読める季語なれば

回答数 : 33

投稿日時:

物忘れあの世の寒さ一歩ずつ

回答数 : 31

投稿日時:

知らぬ間に見つめ合ひたる内裏雛

回答数 : 27

投稿日時:

終電を余寒と共に見送れり

回答数 : 26

投稿日時:

なおじいさんの添削

「幼子の肩に止まりし初蛍」の批評

添削した俳句: 幼子の肩に止まりし初蛍

あらちゃんさん、こんにちは。先ほどは笙染さんのコメントのことで横入りして失礼しました。
御句拝読しました。きれいな句ですね。
このままでもいいと思いますが、もしかしたらちょっと「そのまま」なのかもしれません。
「蛍が小さい子の肩に止まった」。何か一つ、詩情を出すたに加えてみてはいかがでしょうか。

・幼な子の肩を照らすや初蛍
・初蛍灯るや幼な子の肩に

点数: 0

「顎髭とブルゾン爽う日傘かな」の批評

添削した俳句: 顎髭とブルゾン爽う日傘かな

シゲさん、こんにちは。
もうどなたかへの返信コメントでご説明なさっているのかもしれませんが、少し意味不明ですね。
多作は素晴らしいですが、別に投句の多さを競うサイトでもないのでよろしくお願いします。
御句は、二つの点で「?」の引っかかりがあります。
顎髭、多分男の人でしょう。そして暑いのに上着、何だかむさ苦しいです。それと日傘が爽やかなのですか?あえてそのミスマッチを?人の感覚はそれぞれですからあまり何とも言えませんが。
また、長谷さんご指摘の「爽う」、これは何と読みますか?
私はできるだけ共感してコメントしたいと思っていますが、訳わからないとそれがなかなか難しくて…よろしくお願いします。

点数: 0

「目高散れおのれの好きないろになれ」の批評

添削した俳句: 目高散れおのれの好きないろになれ

げばさん、こんにちは。
また入選しましたか!悔しい(笑)。ウソウソ、おめでとうございます!いい句ですねー。入選句も掲句も。

私は今年になってからもうN俳は投稿やめてしまいました。だって、休日の早朝だから(そこか!?)。

げばさんはもはやおそらく日本を代表する若手俳人の一人に名を連ねていると思います。もし近々インタビューを受けたら、「同期になおじいさんという人がいて、この人を踏み台にして成長しました」とか言ってください。少し浮かばれます。
ちなみに、掲句については、ヒッチ俳句さんがげばさんのファンとおっしゃるだけあって、建設的な提案をなさっています。一票入れます。

点数: 1

「幼子の肩に止まりし初蛍」の批評

添削した俳句: 幼子の肩に止まりし初蛍

あらちゃんさん、こんにちは。
ちょっとすみません、お邪魔します。
笙染さん、私の誕生日は笙染さんと同じ七月ですが、17日ではないですよ(笑)!
取り急ぎ!
あらちゃんさん、すみません、またあらためてお邪魔します!

点数: 0

「物置でひょっこり顔出す夏帽子」の批評

添削した俳句: 物置でひょっこり顔出す夏帽子

角田陽香さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。意外なところで懐かしいものが出て来たのですね。思い出の品でしょうか。ご自身の?あるいはお父さんのとか?

御句、ともすると、物置で夏帽子を被ったどなたかがひょっこり現れた、という風に読めるかもしれません。うがった見方かもしれませんが、これは「顔出す」という措辞のせいです。もちろんおっしゃりたいことはわかるのですけどね。「物置で」という場所の説明も影響しています。

また、夏帽子は夏帽子ですので、もし麦わら帽子とかその種類にこだわりがあれば、そのようにお詠みになったほうがいいです。カンカン帽も同じです。映像が具体化されて持ち主のイメージが鮮明になりますから。

・物置の隅にあの日のカンカン帽

点数: 0

なおじいさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ