小説のプロット相談掲示板

▼おすすめ小説!

ハピネスの舞台裏 (No: 1)

スレ主 エア 投稿日時:

目的:プロになりたい!

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:キャラ文芸

あらすじ

東京のとある劇場・ハピネス劇場。ここでは個性豊かな役者が揃っており、そこそこの人気を集めているが、裏では主役と悪役との仲が強烈に悪く、楽屋では団員の罵り合いや嫌がらせが凄まじかった。

ある日、新人女優・百合がやって来る。純真で愛らしい姿に一同は惹かれるが、実は彼女は悪役志望だった。

主役組は女優が悪の道に突っ走らない様に、どうにか彼女を遠ざけ、悪役組は彼女を仲間に引き入れようと画策する。

キャラクター

百合
新人女優。15歳。高校1年生。のばらに憧れを抱く悪役志望。純真で控えめな性格。団員達は仲が良いと思い込んでいる。向日葵のことは面倒見が良いお姉さんだと思っている。修学旅行で、のばらの演技に惹かれ、福井県から上京。
将来の夢は、のばらの様なカッコイイ女優になる事。

向日葵
主役組の女優にして劇団の看板女優。明るくハイテンションな元気娘。悪役組(特に、のばら)が死ぬほど嫌いで、百合が悪の道に走らない様に奮闘する。
普段は明るいが、裏では何度も劇団オーディションを受けた末に今の劇団に入団。
演技や芝居が好きで私生活でも舞台鑑賞をしている。将来の夢は、ミュージカル女優になる事。


主役組の俳優。正義感が強い熱血漢だが、単純なところがある。筋トレが趣味。将来の夢は、アクション俳優になる事。紫音とは不仲。


主役組の俳優。クールなインテリキャラ。脱サラして役者になった。眼鏡を掛けている。クールで理知的な性格。たまに悪役をこなすこともあるが、意外にもお笑い好き。将来の夢は、喜劇俳優になる事。碧葉とは不仲。


主役組の女優。おっとりとしたお姉さんだが、怒ると怖い。元不良だが、ハピネスの劇をDVDで見て感銘を受け、更生。料理上手で団員の賄いを作ることもある。将来の夢は朝ドラ主演女優になる事。杏とは不仲。

のばら
悪役組の女優。女王様系ドS。自分より人気がある向日葵をライバル視している。百合を手懐けて自分の子分として利用しようとする。フランス人のクォーターだが、フランス語は話せない。将来の夢は、世界的人気女優になる事。

紫音
悪役組の俳優。俺様系ヤンキー。悪役だが、プロ意識は高く日々トレーニングを欠かさない。だが、目的の為なら手段を選ばない卑劣漢。ハリウッドスターになる事。正義感が強い樹とは折り合いが悪い。

碧葉
悪役組の俳優。陰湿な性格。悪役を演じることが多いので、炎上することもあるが、内心では主役組を羨んでいる。アニメと特撮番組を見ることが趣味。将来の夢は、声優もしくは特撮ヒーローの主演になる事。蓮をライバル視している。


悪役系の女優。狡猾かつ嫌味で嫉妬深い性格。主役組を妬んでいる。のばらとは仲が良い。意外と料理は出来る。かつては人気子役だったが、当時の人気に胡坐をかいたことが原因で干された過去があり、再起を狙う。夢は、女優として再ブレイクする事。楓とはいがみ合っている。


劇場支配人。父の遺産である劇場を運営しようと奮闘する健気な女性。不仲な団員をまとめようとするが、威圧されて縮こまる事がオチ。劇場の維持費と団員や従業員の生活を悪化させてはならないという想いから、劇場を自宅代わりにしている。家事が苦手。

設定(世界観)

ハピネス劇場
東京都内にある小さな劇団。お客さんはぼちぼちと来ているが、満員御礼とまではいかないので、経営は常にギリギリ。

参考作品

『モナ・リザの戯言』『毎日ショコラ劇場』『声優ラジオのウラオモテ』

作者コメント

・純真な百合を主役組が悪役組の手から守ろうとする様子をどうしようか迷っています。
・でも、ある出来事を機に団員が一致団結しようとするきっかけがほしいです。ベタですが、借金で劇団が閉鎖される危機、百合が団員の関係に気付き始めるなどの展開にしようかと思っていますが、どうでしょうか?

タイトル投票結果を見る

  • 3点ハピネスの舞台裏 ( )
  • 1点ハピネスガーデン ( )

一番興味を惹かれるタイトルを選んでください

  • ハピネスガーデン
  • ハピネスの舞台裏
この小説に意見を書く!

ハピネスの舞台裏の返信 (No: 4)

スレ主 エア : 0 No: 1の返信

投稿日時:

ちなみに、2話以降の予定ですが、
2話
自身を慕う人が現れて、ご満悦なのばらは、自分にあれこれ命令をしてくるが、向日葵に阻止される。だが、百合は「のばらさんの為なら」と言って、全て完遂し、のばらと向日葵を驚かせた。

3話:樹VS紫音
4話:蓮VS碧葉
5話:楓VS杏
6話:ライバル劇場が現れて倒産危機!喧嘩ばかりの団員が一致団結!
7話:劇を成功させたが、実は百合と柊が皆を一致団結させる為に仕掛けたドッキリだった。

で行こうかと思っていますが、3話~5話のネタが思い浮かばないので、アイデアをお願いします。

ハピネスの舞台裏の返信 (No: 5)

投稿者 ヘキサ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

ごめん……これあんまりいいネタ思い浮かばなかったんでお役に立てそうになくて放置していたんですけれど、ひとつツッコミたいところがあるんですけどいいかな。全員植物の名前みたいだけど「紫音」は「紫苑」でなくていいのかな。

演劇経験者の作品っていうと、漫画家だとさいとうちほの「もう一人のマリオネット」とか、夢来鳥ねむの「激闘!!花形夢一座」あたりがあるけれど、さいとうちほはバレエ経験あり、あと「萌えポイントよりも萎えポイントをはずさない人」という定評があるので、読んでみて参考になるかどうかはわからんです……。

夢来鳥ねむはもともとは水木しげるリスペクトの妖怪ものが得意な人だけど、「激闘!!花形夢一座」でも劇中劇は和風のものが多かったりする。あとこの一座のジンクスに「公演中に必ず不穏な事件が発生する」という嫌なお約束があって毎回終盤は台本通りにいかずアドリブの連続、という無茶苦茶さなんだけど、あとがきで「こんなヤツはリアルにはいません」「実際にこんなことやったら死刑です」「このへんの雰囲気はリアルです」とかいう楽屋話があって笑わせてもらいました。

どちらも「けっこうな知識がないと迂闊に踏み込めないわー」と思わされてしまったので、エアさんがそのあたりに詳しいということですと多分他にアドバイスできる方そんなに多くないと思う。ちょっと他の作品を参考にしたほうがいいかもしれません、演劇ものは少女漫画に前例が多いので、ジャンル違うと思ってもそのへんにひととおり目を通しておいたほうがいいような気がしています。

良かった要素

ストーリー キャラクター オリジナリティ

追記です (No: 7)

投稿者 ヘキサ : 1 No: 5の返信

投稿日時:

他の方キター(なんで私が喜んでるんだか……)ww
登場人物の多さは私も気になっていたんだけれど、漫画が参考になるのかどうか、という点に関しては充分にありだと思う。何故かというと、少女漫画家は心理描写が上手いので、そのまま小説家としても活躍している方が多いから。

他の問題もいくつか気になっているんだけれども、演劇ものって扱う劇中劇、あと舞台の裏方(照明・大道具・小道具・衣装など)の大変さのほうが焦点に当たりやすいんだよねー……声優ラジオみたいにトークや音楽中心で済む話ではないから、少し注意が必要な気がする。

これだけ人数多いと、主役組・悪役組という別れ方をしているのが不自然に思える。3話以降が思い浮かばない、というのは、このネタで保たせることができない、ということかもしれないので、ちょっと容赦ない言い方になるかもしれないけれどキャラを百合、向日葵、のばらのみに絞って一気にラストに飛んでしまいコンパクトに纏めるという手もあるかもしれない、と思っていました。

私が例に挙げた二作も、漫画だけどそんなに俳優のネームドキャラの数は多くない。キャラの絞り込みが大事な気がしてきました。

ハピネスの舞台裏の返信 (No: 6)

投稿者 ふじたにかなめ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

これって、漫画向きの題材ではないかと私は感じました。

主人公が百合ですけど、彼女が何かした結果、活躍する話ではないんですよね。
周囲も何か思惑があって行動するので、その百合を含めた劇団員のやり取りを「俯瞰して」読者が楽しむような作品だと思うんですよ。
なので、俯瞰するような書き方をする「漫画」向きだと思いました。

小説向きにするなら、『声優ラジオのウラオモテ』みたいに、百合以外の主要キャラを一人にしたほうがいいと思いました。彼女に振り回される相方みたいな感じで、二人のすれ違いものにしたほうが書きやすいかもしれません。
そのほうがキャラを掘り下げやすいですし、キャラを立たせやすいと思いました。

すいません、提案ではなくてダメ出しになってしまって。
あくまで個人の意見なので、合わなければ流してくださいね。
ではでは、失礼しました。

良かった要素

オリジナリティ

ハピネスの舞台裏の返信 (No: 8)

スレ主 エア : 0 No: 1の返信

投稿日時:

皆さんのご意見ありがとうございます。

ヘキサさんへ
>全員植物の名前みたいだけど「紫音」は「紫苑」でなくていいのかな。
全員、植物の名前から取りました。名前の誤字は後で修正しておきます。

>これだけ人数多いと、主役組・悪役組という別れ方をしているのが不自然に思える。
参考にした漫画動画では、主役組・悪役組に分かれていたので、それを参考にしました。悪役組は、劇団の問題児という設定に変更しようかと思います。

ふじたにかなめさんへ
やはり漫画向けかもしれませんね。
私も何となく、そんな思いがあったので、漫画原作かノベルゲームでやってみようと思います。

ハピネスの舞台裏の返信の返信 (No: 10)

スレ主 エア : 0 No: 9の返信

投稿日時:

とりあえず、プロットと登場人物を改稿しました。修正すべき箇所や代案がありましたら、コメントお願いします。

1話
東京のとある劇場・ハピネス劇場。ここでは個性豊かな役者が揃っており、そこそこの人気を集めているが、裏では素行が悪い団員・通称:DQN組と彼らに頭を悩ませる団員による罵り合いや嫌がらせが凄まじかった。

ある日、新人女優・百合がやって来る。純真で愛らしい姿に一同は惹かれるが、実は彼女はのばらに憧れる悪役志望だった。
向日葵たちは百合が悪の道に突っ走ったりDQN組に利用されたりしない様に、どうにか彼女を遠ざけ、DQN組は彼女を仲間に引き入れようとする。

2話
自身を慕う人が現れて、ご満悦なのばらは、百合にあれこれ命令をしてくるが、それを何の疑いも無くこなす百合。だが、向日葵から「アイツに利用されるからダメ!」と止められるが、百合は「のばらさんの為なら」と言って、見事完遂し、のばらと向日葵を驚かせた。
調子に乗ったいばらは、善玉組を嫌がらせをする様に仕向けるが、向日葵に阻止される。

3話
個人レッスン中の樹の元に、百合がスポーツドリンクを送る。だが、それは紫苑から渡された賞味期限切れのものだった(もちろん、マズイ)。紫苑による悪戯と気付いた樹だったが、百合が「私が間違えただけだから」とフォローする。
だが、その後も紫苑からの嫌がらせは続き、業を煮やした樹は百合に頼み込んで、復讐を計画する。
紫苑の元に、百合が「紫苑のファンの人が来ている」と告げて現場に駆け付けさせると、落とし穴に引っかかった。これは樹の罠だった。

4話
碧葉は18歳で入団したが、それと同時期に蓮も入団した。自分より年が離れた人と同期という理由で、「この年になって役者をやっても長続きしないのではないか」と思っていたが、蓮はめきめきと頭角を現し、脚本まで手掛ける様になった。その後、前の監督が(DQN組の嫌がらせによって)ノイローゼになって辞めた事で、既に団員の事をよく知る蓮が監督を担うことになった。それに嫉妬した碧葉は不満をぶつけるが、このことが原因で蓮を怒らせたせいで当分の間、悪役・端役をやらされる破目になった。
その後、蓮を見返したい一心で、稽古の練習をする碧葉。それに百合が一緒に付き添う。
その成果に蓮は「前よりはマシになった」と評するも、「主役までは遠い」とも言われた。
だが、百合から励ましの言葉を受けて、碧葉は百合のことが気になってしまう。

5話
楓と杏、百合がストリートアクトをする事になったが、楓と杏がどちらが客寄せできるかを対決する事になる。序盤は杏が注目を集めるが、楓も負けじと頑張る。そんな中、暴走族時代の楓の舎弟が現れる。すっかりと変わってしまったことに舎弟は失望し、レディースに戻ってほしいと懇願するが、本人は断る。更に、杏の顔を見て「子役時代は可愛かったのに」とダメ出しした上に、「何で劇団に入っているの?」「人気に胡坐をかいたせいで干されたって本当?」などと失言を連発。百合が「杏はそんな事はない」と反発するが、舎弟が怒って手を出そうとすると、楓と杏から鉄拳制裁を受けた。
帰り道に、互いに憎まれ口を叩きつつ、意外な過去を知って、距離は縮んだ……かもしれない。

6話
借金取りのヤクザが現れて、多額の借金が発覚して劇場が閉鎖危機!喧嘩ばかりだった団員が一致団結!

7話
無事に劇を成功させたが、実は百合と柊が皆を一致団結させる為に仕掛けたドッキリだった。

登場人物
百合(ゆり)
身長:152cm、体重:40kg、3サイス:77-58-81
新人女優。15歳。のばらに憧れを抱く悪役志望。純真で控えめな性格。団員達は仲が良いと思い込んでいる。向日葵のことは面倒見が良いお姉さんだと思っている。中学時代に家族旅行で、のばらの演技に惹かれ、福井県から上京。
将来の夢は、のばらの様なカッコイイ悪役女優になる事(悪人退治をする演技に惹かれたから)。

善良組
善良な性格の団員。人気が高く、主役を演じる事も多い。たまに脇役・悪役を演じることもある。DQN組を嫌っている。

向日葵(ひまわり)
身長:159cm、体重:49kg、3サイズ:80-60-82
劇団の看板女優。19歳。明るくハイテンションな元気娘だが、演技には真面目な努力家。DQN組(特に、のばら)が死ぬほど嫌いで、百合が利用されない様に奮闘する。
普段は明るいが、裏では何度も劇団オーディションを受けた末に今の劇団に入団した苦労人。
演技や芝居が好きで私生活でも舞台鑑賞をしている。将来の夢は、ミュージカル女優になる事。

樹(たつき)
身長:166cm、体重:54kg
俳優。19歳。正義感が強い熱血漢だが、単純な性格でドッキリにも引っかかりやすい(但し、DQN組の嘘は分かる様になった)。色恋も初心で奥手。筋トレが趣味。将来の夢は、アクション俳優になる事。紫苑とは不仲。

蓮(れん)
身長:180cm、体重:65kg
俳優の傍ら監督兼脚本。28歳。クールなインテリキャラ。脱サラして役者になった。眼鏡を掛けている。クールで理知的な性格だが、お笑い好き。無表情なところが欠点。たまにインテリ系悪役をこなすこともある。将来の夢は、喜劇を作る事、劇団を立ち上げる事。
DQN組を嫌っており、隙あらば追い出したいが、彼らも人気・実力があるので、追い出せずにいるので、悪役・端役を与えている。

楓(かえで)
身長:162cm、体重:51kg、3サイズ:85-59-83
女優。23歳。おっとりとしたお姉さんだが、怒ると怖い。実は元暴走族総長だが、DVDでハピネスの舞台を見て感銘を受け、更生。料理上手で団員の賄いを作ることもあるが、DQN組にはわざと辛い調味料を入れることも。将来の夢は、朝ドラ主演女優になる事。杏とは不仲。

DQN組
団員の中でも特に素行が悪いとされる団員の蔑称で、他の団員からも嫌われている。彼らの嫌がらせのせいで、逃げ出した団員・スタッフは数知れず。

のばら
身長:170cm、体重:55kg、3サイズ:90-61-88
DQN組の女優。21歳。女王様系ドS。自分より人気がある向日葵をライバル視している。百合を手懐けて自身の子分として利用しようとする。ドイツ人のクォーターだが、ドイツ語は話せない。将来の夢は、世界的人気女優になる事。

紫苑(しおん)
身長:177cm、体重:68kg
DQN組の俳優。21歳。俺様系ヤンキー。傲岸不遜で、目的の為なら手段を選ばない卑劣漢だがプロ意識は高く日々トレーニングを欠かさない。エリート志向で厳格な家庭に反抗して現在の性格になった。反面、女たらし。夢はハリウッドスターになる事。正義感が強い樹とは折り合いが悪い。

碧葉(あおば)
身長:172cm、体重:56kg
DQN組の俳優。20歳。陰湿系オタク。悪役を演じることが多いせいで、観客から叩かれることも多く、他のDQN組からもぞんざいな扱いを受けているが、内心では人気が欲しくて善良組を羨んでいる。アニメと特撮番組を見ることが趣味。将来の夢は、声優もしくは特撮ヒーローの主演になる事。悪役を演じているにも関わらず、人気がある蓮をライバル視している。

杏(あん)
身長:160cm、体重:48kg、3サイズ:83-58-85
DQN組の女優。19歳。狡猾かつ嫌味で嫉妬深い性格。主役を演じる機会が多い団員を妬んでいる。のばらとは仲が良い。料理は出来る。かつては人気子役だったが、当時の人気に胡坐をかいたことが原因であっという間に干された過去があり、再起を狙う。時には不美人役を担うこともある。主役になりたいが故に蓮に媚びを売るが、相手にされていない。夢は、女優として再ブレイクする事。楓とはいがみ合っている。

柊(ひいらぎ)
身長:167cm、体重:53kg、3サイズ:89-57-84
劇場支配人。26歳。父の遺産である劇場を運営しようと奮闘する健気な女性。不仲な団員をまとめようとするが、威圧されて縮こまる事がオチ。劇場の維持費と団員や従業員の生活を悪化させてはならないという想いから、劇場を自宅代わりにしている。家事が苦手。

ハピネスの舞台裏の返信 (No: 11)

投稿者 わたぬき : 0 No: 1の返信

投稿日時:

樹と紫苑は、ケンカして仲良くなるイメージしか無いです。

長所。良かった点

「口癖」なんか決めるとキャラの把握が、より簡単になります。

良かった要素

キャラクター オリジナリティ

他の批評依頼

まだ考えていません(すいません)

投稿者 海月 返信数 : 3

投稿日時:

正直全部不安です😂.もしどなたかがこの物語を書いてみたいと言う方がいれば,全力で手伝いたいと思っています. ですが自分自身が書くと... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

課外活動:世界征服

投稿者 蛇鷲 返信数 : 8

投稿日時:

長編の第一幕といった位置づけです。 今回相談にかけた内容を500字ほどにまとめたいと考えています。 問題点等あれば遠慮なくお願い... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

絵描き少年と桃少女(仮)

投稿者 ソラナキ 返信数 : 5

投稿日時:

どういう展開を入れたら面白くなるか、など。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:ハピネスの舞台裏 投稿者: エア

・純真な百合を主役組が悪役組の手から守ろうとする様子をどうしようか迷っています。
・でも、ある出来事を機に団員が一致団結しようとするきっかけがほしいです。ベタですが、借金で劇団が閉鎖される危機、百合が団員の関係に気付き始めるなどの展開にしようかと思っていますが、どうでしょうか?

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ