小説のプロット相談掲示板

▼おすすめ小説!

ファンタジア・レコード 第一章(仮) ver1.0

スレ主 明日田錬武 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:欠点の指摘歓迎!

カテゴリー:ラノベ(中高生向け)

あらすじ

 ヤルタ連邦政府と反政府勢力アヴァランチが世界規模の戦いを始めてから十年。世界の武力はヤルタ連邦軍・アヴァランチ義勇軍そして中立傭兵連合、の三つに別れていた。
 主人公のブレンはヤルタとアヴァランチの戦闘に巻き込まれ、家族と自分の左腕の肘から先を失った。そうして途方に暮れていた所、孤児保護活動を中心する風変わりな傭兵団「オルフェンズ」に救助・治療され一命を取り止めた。救われた恩と居場所を失くしたことからブレンはオルフェンズの傭兵として生きることを決め、強化措置と激しい訓練の果てに特殊兵士「エクスソルジャー」となった。
 ある日、ブレンは依頼を受けて派遣された先で同行していた傭兵から奇妙な噂を聞く。それは夜な夜な「黒い巨人」が現れては街や軍施設を襲い、物資を奪い去っていく。というものだった。その場ではバカバカしいと笑い飛ばしていたブレンだったが、どこか現実味のあるその話は頭の中に張り付いて消えず、依頼から帰還した後もそれは変わらなかった。悶々としているブレンにオルフェンズ団長アルザール・ガモフからの呼び出しがかかる。アルザールの元に向かったブレンに対しアルザールは、自身が参加する会議への護衛としての同行を命じた。乗り気ではなかったブレンだが団長命令では仕方がないのでしぶしぶ同行することにした。
 会議場に着いた二人。しかしいつになっても会議は始まる気配がない。そもそも何の会議なのか。ブレンはアルザールに聞いてみるがアルザールは知らない、呼ばれたから来た。そう答える。しばらく経った後、会議室前方のモニターに一人の男が映し出される。男の名はエミール・フェリス。ヤルタ連邦高官にしてこの会議の主催者だった。アルザールは嫌な予感がした。中立傭兵連合に所属する傭兵団はヤルタ・アヴァランチ双方に対し肩入れすることを禁じているが、ルールを破って秘密裏に依頼を受ける傭兵団もいる。よく見れば、会議の参加者はそうやってルール破りをしていると噂される傭兵団の団長達ばかりであった。予感は当たり、エミールが会議を開いたのは極秘依頼の打診をするためだった。
 依頼の内容はヤルタ連邦軍が開発するも試験中に暴走事故を起こし、そのまま行方を眩ませた新兵器の無力化、及び回収を頼みたいというものだ。そしてその新兵器こそが、ブレンの聞いた噂の「黒い巨人」の正体だった。興味を持ったブレンに対しアルザールはこの依頼に参加しないことを表明する。理由は団員を面倒事に巻き込まれたくないからだった。会議はその後、依頼に参加する意思を見せた団長達だけを残し解散、二人もこの時に帰路についた。
 しばらくの時が経ち、事態は急変する。その日、依頼を追えて本部に帰還中のチームが例の新兵器に襲われ、半数を死傷する大惨事となった。団員達はアルザールにら報復の意を込めて依頼に今からでも参加すべきだと直談判。しかし、アルザールはこれ以上の被害が出ることはあってはならない、と反論。両者一歩も引かない中、団員側についていた副団長の義平・ウォーレンが言った「覚悟を決めろ」の一言がアルザールを動かし、オルフェンズは依頼に途中参加することとなった。
 始めはただ目撃情報に従ってチームを送り込み周辺を探索させていたが見つからないばかりか、なぜがヤルタ連邦軍からの妨害を受けるなどして進展が全くなかった。そこでアルザールはある作戦を考え付く。それはあの会議で参加の意を示さなかった他の傭兵団との共同戦線を張ることだ。ノーマークの彼らと行動すればヤルタ連邦軍が目を光らすことはないからだ。無論、ヤルタの依頼を受けないと表明した彼らを引き込むのは容易ではない。そこであの「黒い巨人」の噂を利用することにした。表向きには、実在した「黒い巨人」とそれらによる被害を食い止めるための自主的な活動とそれに付随する支援要請、という形にすることで彼らに疑惑の目が向くことなく協力を得ることに成功した。

 中略 まだきまっていない

 数回に及ぶ戦闘の果てに新兵器をある街に追い込むことに成功。市街地における激闘を経てついにブレンが止めを刺す。新兵器を回収した後、初期の作戦中にヤルタ連邦軍に情報を漏らしてきた内通者が再び連邦軍と通信している場面を押さえ、その場で粛清する。
 第二章に続く

キャラクター

 ブレン・アスター
本作の主人公。オルフェンズに五人いる「エクスソルジャー」の一人で近距離戦闘に特化した調整を施されている。過去に戦闘に巻き込まれ孤児となったところをオルフェンズに保護され、そのままオルフェンズの一員となった。

 アルザール・ガモフ
傭兵団オルフェンズの団長。元ヤルタ連邦軍特殊部隊候補生であり、現状として戦闘技術で彼に勝てるものはオルフェンズにいない。親に捨てられ孤児となっていたところをヤルタ連邦軍特殊部隊の候補生としてスカウトされた経歴を持つ。とある事件をきっかけに連邦軍から離脱した後は、自身と同じような境遇にある者を救うために同じく離脱した後の副団長、義平・ウォーレンと共に孤児保護組織オルフェンズを設立。のちに退役軍人を受け入れるようになると傭兵業を開始、だんだんと傭兵団オルフェンズへと変化していった。

 エミール・フェリス
ヤルタ連邦中尉、爵位は伯爵。大陸北部、主国アインテクスの隣国、ニブルテクスを統治するフェリス家の次期党首。過激な武闘派で十年もだらだらと続く戦争に対し、「戦争の意味を考える」必要を感じクーデターを画策。その一歩として連邦内のスキャンダルを集め、止めとなる「道徳無視の人体実験」の証拠を手にするために中立傭兵連合に「黒い巨人」の回収を依頼した。

設定(世界観)

 ヤルタ連邦
大陸北部のアインテクスを主国とする連邦国家。三百年前の動乱終結を機に建国された。十年前、アヴァランチとの戦争が始まり連邦は南北に分断される。

 アヴァランチ
長年迫害を受け続けてきたアストレイの一部が結成した反連邦政府組織。アストレイの地位向上を求めてテロ行為を続けてきたが、十年前の和平会場爆破事件を経て規模が急激に膨張、大陸南部の国々から支持を受け実質的に南部方面の統治機関となった。

 アストレイ
三百年前の動乱時に生まれた新たな人種。生まれつき体内に不活性化したマルスウイルスを保有し、適度に恩恵を受けながらも悪影響をほぼ受けない。そのため一般人(ナチュラル)と比べ身体能力が格段に高く、その出自などと合わせて長くにわたり迫害を受ける原因となっている。

 マルス
ケイ素フレームと炭素=ケイ素複合細胞からなる生物。節足動物に似た外殻構造を持つ。三百年前の動乱の原因の一つ。

 マルスウイルス
もとは感染した生物を強制的に進化させることを目的に造られた人工ウイルスだった。しかし、マルスの因子を取り込ませる実験中に誤ってコードミスが起きている株を使ってしまい、感染した生物をマルスに変貌させる非常に危険なウイルスとなってしまった。それが外に漏れだした結果、三百年前の動乱が引き起こされた。

参考作品

東方projectシリーズ、機動戦士ガンダムシリーズ、ブラック・ブレット、エクストルーパーズ、など

作者コメント

こんにちは、明日田錬武です。書きかけで置いておいたらキャッシュが消えてやり直し。それを四回ほど繰り返した後の物なので急いで書いており、足りないものやそもそもこんなのあらすじになってねぇ! といった意見があると思いますのでそちらの指摘をお願いします。ここで解説できるものなどは追加で解説させていただきます。
また、そのようにして指摘された部分を修正したものも後日上げる予定なのでそちらもお願いします。
あと、タイトルのver○○ですが、こちらに上げる際の識別用なので実際のタイトルには付いていません。

スレッド: ファンタジア・レコード 第一章(仮) ver1.0

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「ファンタジア・レコード 第一章(仮) ver1.0」の返信一覧

他の相談依頼

雪だるまの手紙

投稿者 狸塚 返信数 : 4

投稿日時:

ほのぼのした感じにしたかったです。その中に不思議をプラス。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

アルストロメリア

投稿者 紫村果汁 返信数 : 3

投稿日時:

設定に穴がないか心配です!鋭い質問などお待ちしております! 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

月桂樹の悪魔

投稿者 アサヒ 返信数 : 12

投稿日時:

ストーリーに力を入れたいと思っているのですが、とても退屈なストーリーになっているのではないか?と思ってしまいます。やめといた方がいい... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ