リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第4話 全4話で完結

最終話・真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第4話

作者 桜田パエリア 得点 : 2 投稿日時:


 そして、ずいぶんと時は経った。
 俺はこの春大学を卒業し、あるIT企業に就職することになった。
 そっちの業界は先進的で、パソコンとネット環境があれば、自宅で仕事をしても構わないのだという。

 引きこもりだった座敷童子は、今日も変わらず三食しっかり食べて、ゲームにネット三昧。とはいっても、途中からゲームが上達し過ぎて攻略サイトを開設し、今では食費くらいは自分で賄っているのだから大したものだ。
「ユーリ、ずっとこの家で仕事をしてるのは……」
「ん?」
「もうすぐいなくなる、私のそばに居たいからなのか?」
 アパートは、建て替えの話が出ていた。今年で確か築55年。両隣も俺が住んでいる間に空き家になって入居者はなく、無理もない話だった。
 しかし、座敷童子は家に憑く妖怪。居場所をなくせば、元の世界に戻るしかない。
「そうだな、お前と離れることになる、その覚悟はしていた」
「して……いた?」
 そう、俺は彼女に、過去形で言ってやった。
 ちょうどその時、来訪者が部屋をノックしてきた。

「よっ、新入り。調子はどうだ」
 俺が入った会社の先輩。金髪にピアスのいでたちが、会社のフリーダムなありようを如実に表現している。
「いまちょうど、彼女に話をするところでした」
「おう、キミかい。可愛い顔に似合わず、力押しが強いって話、そこのユーリに聞いてるぜ」
「お前、私が見えるのか?」
「そりゃそうだ、俺はネット退魔師。もちろんソッチの奴らもバッチリ見える」
「ネットに魔っが? 単に悪口中傷のテキストとかではなく、怪異そのものが?」
 座敷童子は首をかしげる。
「おっと、ネット上に渦を巻く怨念や業火に気付いてなかったとは、嬢ちゃん、怪異や魔ってより、人間に近いってことだろうな」
「お前、それを次々倒してただろ?! まさか、気付いてないなんてな」
「ええ? 私はただ、頭にくる奴らを……」
 彼女はこれまで、運営サイトで根拠なき批判を受けることがしばしばあったが、何やら呪詛を唱えつつ対応すると、いつでもすぐに鎮静化していた。
 それこそが、怪異の中でもネットに通じた者だけが使える、強力な術。
「俺は再三、父親に退魔業を継げって言われてただろ。ネットなら、それでもできるかと思って」
 だから俺は、父親のツテで、表向きはIT企業、実態は最先端の、ネット退魔企業に就職したということだ。
「なるほど、ネット上での退魔なら、ユーリも嫌いな霊だの妖怪だのとは触れ合わなくて済む、と」
 座敷童子も、納得したように強くうなずく。
「そして俺の会社が、ここをネット退魔事業の拠点にすると、買収を決めてくれた」
「じゃあ、建て替えは……?」
「するわけないだろ、お前の力が必要だ」
「ってことで、オレたち同じ課の連中も、今度からこのアパートに勤務ってことだ。よろしく!」
「そ、そっか……ここでネットをやって……ユーリと、ずっと一緒にいていいのか」
 驚き顔の座敷童子が、そのまま、涙をぽろりと流した。
「おっと、いい所を邪魔しちまうな、俺は退散だ」
 意外に空気の読める人のいい先輩は、ゆっくりと退出してゆく。
 俺はその後ろ姿に一礼した後、彼女の黒髪おかっぱ頭を抱き寄せた。
「そうだな、これからもずっと一緒だ」
 中学のとき、俺は一人暮らしにあこがれていた。
 けれどもそれはもう、過去の微笑ましい思い出話に過ぎないのだ。

他の小説の第1話

黒の箱庭

作者 羊色 総得点 : 0

投稿日時:

俺は如月陽介、今を輝く高校2年生だ。そして今幼なじみの新島翔かけるとともに古い洋館の謎を解かなくちゃいけない状況に陥っている。
明日までに解かなくちゃ依頼人に誘拐されてしまった友人の春川雅也が殺されてしまうらしい。
「翔、何か... 続きを読む >>

文字数 : 910 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

さいきょーあんどろいどしすたーず

作者 三文山而 総得点 : 1

投稿日時:

1. 姉の発想パラノイア

 わたしはきゅうきょくにしてさいきょうのじんこうせいめいたいとしてせいぞうされたすーぱーあんどろいど21ごうです。さいきょうのそんざいとしてつくられたわたしはさいきょうでなければならないので、わたし... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 809 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ