リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

変なひと。

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


タイトルが重い。とても変わったひと。と言う曲。確かShe fak’n it.サイモン&ガーファンクル。綴り違ってそうだからカタカナ表記にしよう。スカボロウフェアが【調味料の羅列】って、まるで国家機密みたいな顔して教えてくれたっけ。毎月月命日には、チュールを供え。ベールは、ドレスと共に棺に入れていたから。焼き場出てきた骨はボロボロで、薬のキツさが見て取れる。生きる為の薬が骨を溶かす。僕に何が出来ただろう?何者にもなれずただ時間を浪費して。何にもなっていないって何にでもなれるってことだよ!って言ってた君はただの使者だったのか。死者となって地上に別れを告げる。それでも。この地上は存在している。君はいない。会いに行こうか。堂々巡りな思考回路。いっそのこと思考なんて止めちまおうか。幸いここは5階部分。手摺りに、背中を向けてそのまま落ちてゆく。真下はアスファルト。痛いかもな。僕は莫迦か。喪失感に呑み込まれているくせに。痛かったらやだなって。いつもいつもそうなんだ。君に会えるって?それなのに、引いてしまう。一粒飲むだけなのに。どうやら後追いは無理みたいだ。情け無い。その程度の想いだったのか。想いが重い。了。
この物語の目次へ

作者コメント

多分途中で呆れる。

追加設定(キャラクターなど)

砂吐くぐらい甘々なお話。

他の小説の第1話

ホワイトルーム

作者 労働会議 総得点 : 3

投稿日時:

 気が付くと、そこは真っ白い部屋である。
「ここどこ?」
 私は懸命に周囲を見渡すが、はるか地平線まで真っ白である。空間感覚がマヒしそうだ。目の前にこれまた真っ白い小さな発券機がある。ボタンが一つあるだけで説明書きも何もない。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,597 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

変なひと。の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ