リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

異世界転生なんて夢物語だ。

作者 Qq 得点 : 0 投稿日時:


第一章 現実との相違
俺はいつも思うことが一つあった__。
異世界転生が出来たらなと。ラノベを読んでいると大抵、主人公には可愛い妹がいる。俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)そんなある日、親父が衝撃の発言をした。
「義妹が欲しいのか?隼人?」
「えっ?」
「ハッハッハ、良かったな。義妹ができたぞ。」
(嘘だろ…。俺にもまさかの神展開が)
「チワース。今日からこの家にお邪魔します如月 仄香でーす。」
(グハッ。嘘だろ〜。紙展開になっちまうよ。)
確かに外見が悪いわけではない、多分。しかし、彼女には大きすぎる欠点があった。性格が自立しきっていたのだった。(俺が求めたのは違う妹だー。もっとこうなんか従順で…。)そんな俺の声をよそに親父の嬉しそうな声が聞こえくる。
「何て可愛い子なんだ!」
(俺の従順でお淑やかな妹像は何処へ行ってしまったのだろう…。)まぁ何はともあれ居ないよりかはましか。と思ったのだった。

この物語の目次へ

作者コメント

続きを書いてください。是非!

追加設定(キャラクターなど)

隼人:秀才だがやや中二病
仄香:やんちゃだか自立している

他の小説の第1話

プリズンチルドレン

作者 たろー 総得点 : 1

投稿日時:

「死ねやおらぁ!」
 わたしことミキはゆっくんに殴りかかった。
 ゆっくんは悲鳴を上げながらも実に楽しそうに逃げ回る。それにわたしが追随し駆け回るため、わたし達ひまわり組の部屋は凄惨な有様だ。こうきくんが半年かけて組み上げたレゴの... 続きを読む >>

文字数 : 2,138 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

幻燈街の飴売り

作者 フレデリカ 総得点 : 9

投稿日時:

 街の大通りの隅を、大きな籠とビラの束を持って一人の少女が歩いている。春の穏やかな陽光が人々に降り注ぐ中、彼女はひなたに出るのを躊躇しているようだった。脚はガタガタ震え、指を強く握りしめている。
 しかしそれでは仕事にならないと、少... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 440 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

一番愛している我が娘よ。

作者 元関駿 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今選択を迫られている。大きな選択だ。これで今後俺の教育方針の、この俺が準備した人生設計を大きく修正しなければならないだろう。この俺が中学生の頃から構想し心理学の洗脳技術を集約して計画した洗脳実験が壊れてしまう程の選択だ。
「お父... 続きを読む >>

文字数 : 2,467 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

異世界転生なんて夢物語だ。の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ