リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

不思議な雪

作者 ミチル 得点 : 1 投稿日時:


 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
 妖精さんがお誕生日をお祝いしに来たのかな?
 そんな事を考えていました。
 そう、今日はマミのお誕生日です。ちょうど十才になりました。大人からはおチビさんと言われますが、マミは立派に成長したつもりです。
 手を伸ばせば、キラキラ光る雪がどんどん手のひらに乗ってきます。宝石のようにきれいでした。お母さんにプレゼントすればきっと喜んでもらえるでしょう。
 雪を落とさないように、大切に運びます。でも、マミの足はどんどん速くなります。背中の赤いランドセルが弾みます。早くお母さんにプレゼントしたいのです。
 今日はいつもより元気に、家に帰るのでした。

「ただいまー!」
 声は自然と明るく、大きくなりました。
 両手がふさがっているので、玄関のドアを開ける事ができません。
「お母さん、ただいまー!」
 頑張って声を出していると、お母さんがドアを開けてくれました。
「おかえり。鍵は開いているのだから自分で入ってくればいいのに」
「これ見て!」
 マミはキラキラ光る雪を、お母さんの顔にずいっと近づけました。
 きっと喜んでくれると思いました。
 でも……。
「ごめんね、雪は捨ててほしいの。本当にごめんね」
 そう言って、お母さんは謝りました。
 マミはがっかりしましたが、喜んでもらえないなら仕方ありません。雪を道路の脇にそっと置いて、すぐに家に入りました。

 だからマミは、雪がむくむくと形を変えていったのを知りません。
 小さな、本当に小さな男の子になったなんて知りませんでした。
この物語の目次へ

作者コメント

童話です。
話を膨らめるのが大変かもしれませんが、とりあえず投稿してみました。

追加設定(キャラクターなど)

マミ
純粋無垢な女の子です。十才の誕生日を迎えてワクワクしています。

お母さん
とても優しいお母さんです。しかし、雪を見ると嫌がります。

男の子
拙作のキーパーソンとなるはずです。
どんな子になるのか楽しみです。

他の小説の第1話

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ

作者 ロミオ 総得点 : 3

投稿日時:

私は地方都市の進学校に通う高2の圭子。
同じクラスの琴子さんを見てドキドキしている。
琴子さんは高2の最初からずっと上履きを履いていないのだ。
高1の時の琴子さんはずっと上履きを履いていたのに。
琴子さんの足元は高2の最初から... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 384 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

もしも貴方の元に可愛い吸血鬼が訪れたなら…

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

そう、今日もまた一日が始まろうとしていた、俺は学校ではいじめられっ子で、親も早くに失った、今はバイトを掛け持ちしてなんとか一人暮らし、そんなつまらない俺の人生に一筋の光が差し込もうとしていた…
(アラームの音が聞こえる…)
(はぁ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 881 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

不思議な雪の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ