リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 得点 : 0 投稿日時:


カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトやホラー大好きだが俺は苦手。でも、バレるのは恥ずかしいから肝試しとかは休んできた
俺「まさか...一人かくれんぼする気なのかよ!?」
カンタ「だからさ、今日一緒にやらない確か今日お前の親もいないだろ?二人でも出来るから」
やってしまった...肝試しの時言い訳に使ったのが仇となった
ユウキ「おっ何話してんの〜」
俺「イヤなんでもない」
そう言おうとしたら先に
カンタ「一人かくれんぼやろうって話し」
ユウキに怖がりを知られたら学校のみんなに知られてしまう
ユウキ「おっいいね〜俺も行くぜ」
俺「(ハァーこれはもう行かないといけないなぁ」
午前0時カンタの家に行った
ピンポーン
俺「カンターーきたぞ早く開けろよ」
ん?ドアが開いている!?
俺「カンター入るぞー...」
‼︎‼︎カンタが床に倒れていた
俺「おい!カンタ!大丈夫か?」
肩に何者かの手が当たった
俺「ウワーーーワーーーーアーーー‼︎‼︎」
ユウキ「っるせぇよ!ビビりすぎだろ」
カンタ「ブッ、ククっ」
カンタは必死に笑いをこらえている
カンタとユウキ「そんなんで一人かくれんぼできんのか?」
ハァ見事に騙されたな
俺「もう早く始めろよ!一人かくれんぼ!」
恥ずかしさで強めに催促した
ユウキ「やり方は知ってんのか?」
カンタ「おう!準備するぞー!最初の鬼はコウキ(俺)なー」
俺「えっ。」
ユウキ「おーーやっるぞー」
...不安だ

追加設定(キャラクターなど)

主人公(コウキ)この小説では俺 友達(ユウキ)(カンタ)

他の小説の第1話

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 5

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

もしも貴方の元に可愛い吸血鬼が訪れたなら…

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

そう、今日もまた一日が始まろうとしていた、俺は学校ではいじめられっ子で、親も早くに失った、今はバイトを掛け持ちしてなんとか一人暮らし、そんなつまらない俺の人生に一筋の光が差し込もうとしていた…
(アラームの音が聞こえる…)
(はぁ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 881 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

運命恋愛

作者 むりんぺ 総得点 : 0

投稿日時:

プロローグ カツアゲ
私は、荒川みみ高校一年生です。今日は高校の入学式なので、入学した高校に向かっていたら、、人生最悪の危機に迫ってます!
「おい!お前金出せよ!じゃなきゃどうなるか、、わかるよな、、?」
そう、、今私はガラ... 続きを読む >>

文字数 : 1,463 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ヒトリカクレンボの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ