リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第2話 全4話で完結

ボクの転生物語の第2話・A

作者 ラミア 得点 : 0 投稿日時:


気がつくと懐かしい臭いがした。

むせかえりそうで冷たい、だけど太陽の暖かみを感じる土の臭い、それも耕されたものだ

目を開ける。広がる雲ひとつない晴天

畑に寝転がっていた

どうやら約束通り、本当に生き返らせてくれたようだ。
嘘だとしたらどうしたもんかと思ったけど、それはそれで夢だったのかで落ち着くのかな?

まあ、いいや。でも、あの女神様ルミナスを奉るっていったって、果たしてどうしたもんか

途方に暮れながら、青空を見上げていると、ひょこっと小さな顔が見えた。

「あの……大丈夫ですか?」
そんな心配そうな声をかけられた。

「えっ!?」

驚いた。何が驚いたってその女の子は、かわいらしい人形のような顔の所々に泥がついていて、農作業していたのが人目で分かる

「あの、もし……」
言葉も分かる。
だけど、現代日本では見たことのない服だ。ヨーロッパ的な感じのちょっとボロい服

俺はスッと体を持ち上げ辺りを見回してみる
辺りには見たことのない山、見たことのない川、見たことのない、農作物に家畜。
そして、遠く上空には――――見たこともない空飛ぶドラゴン!?

マジかよ……ここ、異世界だ。
生き返らせてくれたのって、異世界だったのか!
ヒャッハー!最高だぜ!

「あの……大丈夫、ですか?」

なにやら、少女は怪訝な顔でこちらを眺めてくる。まずい、どう見ても怪しいよな
俺はとっさに立ち上がる

「い、いえ。すみません大丈夫です」
「そうですか……こんな畑のど真ん中で倒れているので、何事かと思って……」

そりゃそうだよな。畑のど真ん中で倒れているなんて、酔っぱらいか頭のおかしい奴しかいないよ

「ごめんなさい、ご迷惑おかけしました」
「い、いえいえ」

深々と頭を下げると彼女もそれにならい頭を下げる。
よく見れば、小学生くらいの小さな子。それなのにしっかりとした子じゃないか
とはいえ、俺はこれからどうしたものか……
ルミナスの布教をしろといわれたけども具体的にはどうすればいいんだ?
考えれば考えるだけで喉が乾いてくる

「あの……」
再び怪訝な目でこちらを見返してくる名も知らぬ少女。
「ああ、ゴメンゴメン」
とにかく、まずは水場で喉を潤そう。彼女なら場所も知っているだろう
「ちょっと聞きたいんだけど……」
彼女に尋ねた
「ルミナス様を崇めたててくれない?」
「……………………」

うん?
俺は今、なんと言ったンダ?
そんなつもりは、ないのに口が……

「え、えっと……その……」
「あ、あのー……」

彼女はジリジリと後ろに下がると踵を返すように振り返ると
「だ、誰かーッッ!?」

彼女は、脱兎のごとく走り出した。


一体、どうしたというのだ!?

他の小説の第1話

福音のモーラ

作者 氏号一 総得点 : 0

投稿日時:

 夏の夜空に駆ける星。僕の目はまだたくさんの光が見えていた。大人になるにつれて少しづつ消えていったように思える。ただ目が悪くなって見えなくなったと思いたいんだ。何故なら僕はまだ子供だから。キラキラした世界を夢見ていたい、そんな年だから... 続きを読む >>

文字数 : 880 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

終末少年ジャンプ

作者 玉子 総得点 : 8

投稿日時:

「ねえ君、この漫画の終わりってどうなると思うんだい?」

 俺が部室で漫画をパラ見してる時、先輩は突然そんな話題を振ってきた。
 面倒ながらも見やると、彼女が持っていたのは週刊誌。前に俺が買ってきて、適当に放り投げていたやつだ。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ