リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

運命恋愛

作者 むりんぺ 得点 : 0 投稿日時:



プロローグ カツアゲ
私は、荒川みみ高校一年生です。今日は高校の入学式なので、入学した高校に向かっていたら、、人生最悪の危機に迫ってます!
「おい!お前金出せよ!じゃなきゃどうなるか、、わかるよな、、?」
そう、、今私はガラの悪いお兄さんたちにからまれています、、!やばい、、殺される、、
「てかお前可愛いなーお兄さんたちとちょっといいとこ行かない?」
ひー怖い、、。私はだらだらと汗をかきながら下を向いていた。すると一人の男の子に手を引っ張られた。
「、、、、、」
その人は私を引っ張って走っていった。すると後ろにはあのお兄さんたちはいなくなった。
「大丈夫、、?」
その人は、私を見てそういった。
「大丈夫です、、ありがとうございました。」
私は息切れした声を振り絞って答えた。前を見上げると同じ制服の人だった。
「もしかして、、桜坂高等高校の人ですか!?」
「え、、?うん。今入学式に向かってるところ、、もしかしてあなたもそうですか?」
その人はびっくりしたような声で言った。
「はい!荒川みみっていいます!!」
「俺は北山青空。俺これから友達と集合するんだけど一人で学校行ける、、?」
青空さんは心配そうな声で言った。
「大丈夫です!さっきはありがとうございました」
「全然、、もうカツアゲなんてされないようにね、、」
「はい!気をつけます」
そう3分くらいの会話で終わったのだが、、優しい人だったなー私はついに学校についた。

第一章 合コンでの出会い!
「みみーおそいよぉー!!」
私が走って校門に行くとそこには友達の五十嵐奏が待っていた。
「ごめん、、遅れた、、」
私が疲れた声でいうと
「遅刻なんていつもだし!大丈夫!早く行こ!」
励ましてくれているのかディスってるだけなのか私にはわからなかった。
「あれ?美波ちゃんは?」
あともう一人友達の美波ちゃんがいたのだが、、約束してないっけかな?
「美波ちゃん代表の言葉じゃん!だからもう先に行っちゃったよー」
奏はそう言ってスキップしてこっちを向いた。
「大ニュースです!みみ!見て!!!!同じクラスだよっ!」
奏ちゃんは興奮気味で私に言った。
「ほんとだ!美波も一緒だ!」
私もそう言うと、一つの名前が目に入った。
「北山青空、、?」
「え?北山青空!みみ知ってんの?あの人めっちゃイケメンって噂。同じクラスだ。やっばっ!」
奏がそう言うと私は今日のことを全部話した。
「マジ?みみ可愛いんだから気をつけなよ!あっそうだ!そんでねクラスライン一ヶ月前くらいに作ってたんだけどね、、ある男子が合コンしねって言ってきて、、他の子は用事があるだかって、、だから私とみみと美波、でいくって言ったんだけど行ける?」
合コン、、まぁ高校生になったからいいよね!
「いいよ〜!」
「やった!向こうはね二人決まってるんだけどあと一人向こうも決めてるみたい!じゃあ今日の放課後ファミレスだから!あっ教室行こ!」
そうして教室に入った。でもあたりを見渡すと青空さんの姿はなかった。やっぱり私が名前を聞き間違えたのかな?そう考えていたらあっという間に時間が過ぎて、とうとう合コンの時間になっていた。美波と奏は少し緊張しているみたいだ。まぁ私も緊張しているけれど、、
「あっいたいた〜!ごめんね遅くなった」
そう言うと、ぞろぞろと男子が席についてきた。するとある男の人に見られた

作者コメント

ちょっとギャク入っている系恋愛小説書いてきます!参考本は『月にお気にお召すまま』です。(漫画です)
中1の出席番号29番です!ちなみに、、女子でーす!!!読んでくれるとウレシイナ!
甘いもの大好きです(どうでもいいねW) 恋愛って難しいね笑
アババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババ

追加設定(キャラクターなど)

荒川みみ うさぎに似ている小柄でめっちゃくちゃモテる高1!めっちゃドジで天然ちゃん!
五十嵐奏 みみの友達。とにかく自分のお兄ちゃん大好きっ子!みみの彼氏、、?(自称)甘えたがりちゃん!
北山青空 みみの同級生。みみのことが大好き!イケメンでモテる!嫉妬深いヤンデレくん。
佐塚美波 みみと同級生で友達のクラスの委員長!しっかりしてると思いきや元ヤンで、実は先生に恋をしている、、?
伊井田蓮都 みみと同級生。青空と翔友達の変態!重度の下ネタ好き。ついたあだ名は『下ネタ大王』実は奏と美波のことが、、?
有馬翔 みみと同級生の青空と蓮都の友達!爽やかサッカー男子。この中では案外普通キャラ。みみのことが可愛いと思っている。

他の小説の第1話

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 総得点 : 1

投稿日時:

きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 495 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

福音のモーラ

作者 氏号一 総得点 : 0

投稿日時:

 夏の夜空に駆ける星。僕の目はまだたくさんの光が見えていた。大人になるにつれて少しづつ消えていったように思える。ただ目が悪くなって見えなくなったと思いたいんだ。何故なら僕はまだ子供だから。キラキラした世界を夢見ていたい、そんな年だから... 続きを読む >>

文字数 : 880 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

運命恋愛の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ