リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

不思議な雪第2話 全5話で完結

第二話

作者 あすく 得点 : 2 投稿日時:


 ほんの少しだけ、昔のお話です。
 ここは、マミの住む町から、遠く離れた場所。
 変わったところの無い、森の中です。
 空が少しだけ、割れました。はじめは一すじ、そこから蜘蛛の巣のように広がります。
 突然、空に走る亀裂から、真っ白な影が飛び出しました。
 影は、マミのいる町に向かって、流れ星のように飛びました。
 しばらくして、もう一つの影が、同じように空の割れ目から出てきました。
 こちらは、先ほどの影と違って、真っ黒です。
 黒い影は、白い影を追いかけるように、同じほうへ飛んでいきました。

 やがて、マミの住む町の上で、二つの影が出会いました。
 黒い影は、白い影に襲い掛かります。
 白い影も必死に抵抗しましたが、次第に黒い影に押されていきます。
 少しだけ距離が開くと、黒い影から一すじの黒い雷が放たれ、白い影を打ちました。
 白い影は、苦しむように体を丸め、次の瞬間に、細かい欠片となって砕けてしまいました。
 白い影の欠片は、一片、また一片と、町に落ちていきます。
 光を反射して、雪のように輝きながら。

 そして、今のお話です。
 雪の欠片から立ち上がった、小さな男の子は、空を見上げています。
 黒い影が来ないことを、見ているのです。
 男の子は、雪の王様でした。
 王様は、かつて人間の女の子と、小さな約束をしました。
 その約束を果たすために、精霊の世界からやってきたのです。
 しかし、その途中に、黒い影の魔物に見つかってしまいました。
 雪の王様は、なんとか振り切ろうとしたのですが、逃げ切ることができなかったのです。
 マミの手のひらに落ちた雪から、なんとか姿を取り戻しましたが、砕けた欠片からでは本来の王様の姿には、戻れませんでした。
 王様は1人考え込みます。
 そもそも、この町に来たのも、約束を果たしたいという思いからで、明確にその女の子がいるところを狙ったわけではありませんでした。
 この先のことなど何も考えていなかったのです。
この物語の目次へ

作者コメント

空気感を似せられるよう、頑張ってみましたが……。
一応、続きをどうにでも展開できるようにしてあるつもりです。

追加設定(キャラクターなど)

雪の王様
男の子の正体

黒い影の魔物
まだ正体は未定です

上記の設定を追加させていただきました。

他の小説の第1話

問題児?!

作者 総得点 : 1

投稿日時:

この、世界には科学文明がある。
科学文明で、わからないことはない、
みんな、そう思っていた。
だが、50年前に見つかった、古代文明の、『魔法』を外しては。
魔法は、100億人に、1人と言われている。
でも、もしもそんな、貴重... 続きを読む >>

文字数 : 692 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

プリズンチルドレン

作者 たろー 総得点 : 1

投稿日時:

「死ねやおらぁ!」
 わたしことミキはゆっくんに殴りかかった。
 ゆっくんは悲鳴を上げながらも実に楽しそうに逃げ回る。それにわたしが追随し駆け回るため、わたし達ひまわり組の部屋は凄惨な有様だ。こうきくんが半年かけて組み上げたレゴの... 続きを読む >>

文字数 : 2,138 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

不思議な雪の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ