リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

不思議な雪第3話 全5話で完結

第三話

作者 ゴン 得点 : 1 投稿日時:


「神よ、女王陛下を守りたまえ」――。

薔薇のベッドの傍にあって、そう騎士が呟きました。
(……それは、何のオマジナイなの?)
妖精たちの誰ともなく、騎士に尋ねます。
「ああ、これは希望のコトバだよ」
小さな騎士が答えると、妖精たちは聞きかえします。
(希望のコトバ……?)
久しく精霊界の住人たちが失っていた、希望を――。
小さな騎士は、ベッドに横たわっている少女へ、祈るような視線を落としました。
「……はるか遠くの彼方に、人という種族の住んでいる世界があってね……」
小さな騎士は、語ります。

その世界には、この精霊界とは違って、魔法という力がないんだ。
だから住民である人という種族は、古くから魔法を使わずに、道具だけを用いて生活を営んできた。
けれども魔法のない暮らしは不便らしく、ときに人は何度も戦いあわなければならなかったんだ。

「戦い……って、アノ連中みたいな?」
話の途中で、1人の妖精が聞きました。
「そうだよ。古い聖典の予言通りに蘇って、精霊界へ攻めてきた、アノ連中のように、ね」
すでに今や、精霊界は滅ぼされようとしていたのでした。

――「審判」と呼ばれる、灼熱の炎をまとった紅蓮の竜が降臨する日に、世界は終わる――。
紅蓮の竜と、その家来である「黒い影」たちが一斉に蘇って、精霊界の全ての生命を奪う、と預言されていたのです。

「だけど……、ね」
そこまで語ると騎士は、しかし明るい口調でつづけました。
「そんな戦いの歳月にあって、人という種族は、けっして負けない目的のために、それは色んな道具を創っていったんだ」
とおく視線を向けるように、騎士は語ります。
「それら道具の中でも、最後の頼りになったのが、この希望のコトバだったんだよ」

――神よ、女王陛下を守りたまえ――。
騎士は、ふたたび祈っていました。
(女王陛下……)
砦のベッドの少女に託された、希望を胸に。

(紅蓮の竜による侵略を受けて、灼熱の地となった精霊界を救えるのは、もはや女王の夢だけだ)
それは予言に語られる、伝説の「雪の女王」の夢だったのです。
(即位するまでの10年間を、眠ったまま女王は過ごす、という)
その刻限も、すでに近かったのです。
(すでに先代の王は、ご出発なされた……)
眠りつづけている予言の「雪の女王」が、その夢に体験している遠い異世界である「地上」へと向けて、譲位に際しての「約束」を果たすために。

――それは――。
「誕生日に、雪をプレゼントすること」

それが成功したとき、「雪の女王」は夢から目覚めて、滅びかかった精霊界を救うために、最後の雪を全土に降らす、と予言されていたのでした。

追加設定(キャラクターなど)

(追加キャラ) 小さな騎士

かつて地上人だった記憶を持っている(かもしれない)、精霊界の住人。

他の小説の第1話

クールなキミは私だけに甘えたがり

作者 ひよこ 総得点 : 1

投稿日時:

今日もキミは、、、教室の人気者。
いつもクールで長い前髪の奥から覗く青い切れ目はクラスの女子を虜にする。
サラサラとした黒髮に深く澄んだ青色の眼光。
性格もクールで、、、基本誰とも会話もしない、、。
なのに、、、なのに、、、、... 続きを読む >>

文字数 : 925 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

魔王様はお困りです

作者 通り猫 総得点 : 6

投稿日時:

ここは魔王城。暗雲立ち込める魔界を統べる王の居城にして魔界を支える柱とも言うべき存在だ。魔界の空に浮かぶ浮島に堂々と建っていた。空に常時走る稲妻に負けぬくらい大きなため息がその謁見の間に響く。
音の主は魔王。かれこれ千年は魔界を... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,394 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 総得点 : 0

投稿日時:

 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,653 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

不思議な雪の第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ