リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 得点 : 1 投稿日時:


 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、面接では糞にも役に立たないのである。ようは勉強以外にセールスポイントが皆無なのである。有名企業200社以上を受けていたが全て面接で落とされてしまっているのだ。自分よりもはるかに成績が悪い人が受かっているにも関わらずである。
 翔は卒業日になっても内定が決まらなかったことに絶望した。卒業までに内定が決まらなかったのは留年組と自分だけである。自分を恥じた。自分を呪った。

「なんだか生きる気力を失った。あれだけ必死に勉強したのが全く無駄だったのか。なんだか人生がバカバカしくなってきた。」

 翔はやけになりその辺に生えているキノコを無造作に貪った。

「死んで転生すれば良いじゃないか!来世にかけよう!少なくとも今より悪くなることは無いはずだ!リセットだ!!!」

 半分冗談交じりにそう豪語した。食べたキノコが毒キノコである事にかけたのである。それで死ねばそれまでの人生。生きられればそれもまた運命。しかし、その賭けは成功した。翔が食べたのは毒キノコだったのである。翔は激しい腹痛に襲われた。嘔吐と下痢を繰り返し脱水症状を引き起こした。助けを呼ぼうにも身体が痙攣して動かない。翔はそのまま気絶してしまった。その数日後翔は死体として発見された。



 辺りは真っ白。一面真っ白だった。翔は謎の白い部屋に居たのである。

「ここはどこだ?ぼくは誰だ?」
「ここはあの世とこの世の狭間。あなたは原翔。」
「ぼくは死んだのか。」
「はい。」

 天使は淡々と受け答えした。

「あなたには二つの選択肢がります。」
「はい?」
「一つはこのまま死んで地獄に落ちるか。もう一つは転生して人生をやり直すか。」

(当然転生だ……!しかし、一応念のため…。)

「質問しても良いですか?」
「はい。どうぞ。」
「地獄とはどのようなところですか?」
「完全週休一日制で金曜日以外は毎日強制労働です。三食風呂付ですが、月給から天引きされ、手取りは1万2千円。」
「地獄でも通貨があるのですか。」
「あります。貴方の行き先は日本の地獄なので通貨は円です。
 お金を払うことで様々なオプションが受けられ、一日有給券や一日降霊拳などもあります。一日有給券は2千円、一日降霊権は5万円となっております。また地獄には売店などもございましてそこで様々な食品を買う事ができます。」

(意外と充実しているかも…。しかしほぼ毎日強制労働は嫌だな。)

「では転生は?何に転生できるんでしょうか?」
「それは私にもわかりかねます。何に転生するのかどこに転生するのか。それらは全て運しだいです。ただ言える事は人間は必ず知的生命体に転生します。転生場所は異世界になる事もあります。」
「知的生命体?異世界?人間以外に転生する事もあるという事ですか?転生する場所は地球以外の可能性もあるのですか。」
「ザッツライト!」

(まあ、前世よりも悪くなることはないだろう。)

「転生すると前世の記憶はどうなるんですか。」
「全て引き継がれる人、一部引き継がれる人、全て忘れる人が居ましてそこは個人差が激しく運しだいです。」
「そうですか…。」
「ところがどっこい!あなたがもし転生を選んだ場合転生者1000億人目記念で記憶を全て引き継ぐ事ができます。」
「なんですと!?なら話が早い!絶対に転生を選ぶ。」
「かしこまりました。記憶は引き継ぎでよろしいですね?」
「ザッツライト!」
「ただし、記憶が完全蘇るのは6歳頃からですのでご留意下さい。」

 天使はそういうと翔を転送装置に入れスイッチを押した……。

作者コメント

プロットを設定・構想欄ではなく、間違ってコメント内に書いてしまったので投稿しなおし直しました。
古い方はスルーして下さい。

追加設定(キャラクターなど)

100世紀の大学生・原 翔が死んで21世紀風の異世界に転生して無双するお話。
異世界転生物のテンプレ小説。

・プロット
なろう系で大流行の異世界転生物のテンプレ物語。
主人公が100世紀のチート知識を活かして様々なチートアイテムを開発し、主人公無双して俺TUEEEEEして成り上がる作品。
主人公周りは主人公SUGEEEEEEEで些細な事でも主人公を持ち上げてくれる。
さらに美人ヒロイン達からちやほやされて疑似ハーレム状態になる。
最終的に21世紀風の異世界で凡人から最高権力者に成り上がり、100世紀の元居た前世の世界に侵攻し、元の世界でも最高権力者になって元の世界で自分を馬鹿にしていた人たちを見返す。
異世界で頂点に成り上がって、さらに元いた世界でも頂点に成り上がるというのが大まかなストーリー。
終盤近くまではなろう系の異世界転生物のテンプレで話が進むが、異世界で成功しても現世では結局底辺扱いで死んだままというなろう系の異世界転生物の逆張りをした結末。
終盤近くまではなろう系異世界転生物のテンプレだが、最終的にはなろうの異世界転生物のアンチテーゼな結末に繋がる。

・キャラ設定
①主人公
一人称は「ぼく」だが、性格は俺様タイプで尊大な言動。プライドは非情に高く、宇宙一のプライドの持ち主。ただし、最低限の礼儀はある。
規律正しくクソ真面目な性格で曲がった事は大っ嫌い。そのせいで前世は友達も少なかった。
現代風の異世界では規律正しくクソ真面目な性格が称賛され、また前世では大卒レベルの知識でも異世界では持てはやされる。
赤髪ロングへアの美女に目がない。
異世界で無双していきながらも、現世に戻り、現世で自分を見下してきた者たちを見返す事を目論む。
不殺主義者ではないが、敵は殺さない方向で。命乞いするものは必ず許す。

②ヒロインたち
全員赤髪ロングへアで流暢な女言葉でしゃべる典型的な女の子たち。全員容姿端麗で礼儀正しく女の子らしい言動。
特技や趣味・髪型や服装などで差別化する。
チョロインではなく話数をかけて少しずつ主人公に惹かれていく。内助の功として裏で主人公を支えてくれる。
最終的にはハーレムエンド。ヒロイン同士の仲たがいを止めてヒロインたちが率先してハーレムを合法化させる。

③敵キャラたち
全員サイコパス。全員ぶっ飛んだ過激思想の持主。命乞いは平気でする。男の敵キャラは主人公と同じで一人称「ぼく」、女の敵キャラはヒロインと女性的で同じく流暢な女言葉。
基本的に単独犯で組織とかは特にない。敵の敵は味方理論で敵キャラ同士で組む事はたまにある。
敵キャラは人外じゃなく全員人間。ただし、魔術や超能力や気功波などのバトル漫画的な能力はあり。
主人公が成り上がる活躍の場を作るための立役者。
最終的には逮捕されたり改心して和解したりする。倒されても死ぬことはない。最高でも終身刑。
改心しても仲間にはならない。単発助っ人として再登場するのは有り。

他の小説の第1話

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ

作者 ロミオ 総得点 : 3

投稿日時:

私は地方都市の進学校に通う高2の圭子。
同じクラスの琴子さんを見てドキドキしている。
琴子さんは高2の最初からずっと上履きを履いていないのだ。
高1の時の琴子さんはずっと上履きを履いていたのに。
琴子さんの足元は高2の最初から... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 384 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

テンプレ異世界転生記 の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ