リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

コートヤードの歌声第2話 全10話で完結

コートヤードの歌声の第2話

作者 労働会議 得点 : 1 投稿日時:


 ちゅんちゅんと鳴く小鳥にベッドからむくりと起き上がる。
 目の下には大きな隈が出来ていた。あの後、友人みつきとの談笑で不安が紛れたが、それも談笑の間だけだった。布団に入れば、不安で眠れなかった。
 無事にやっていけるのか。私のいるべき場所はあるのか?もし、私を受け入れない場所だったらどうしよう?
 そんな不安な様子を打ち消すように、何者かにやさしく抱きしめられる。
「め~~い。朝から深刻そうな顔つきしちゃってどうしたの?」
 みつきである。彼女の目元には隈一つない。どうやら、何も心配せずに眠れたようである。すると、みつきは意地悪そうに
「さ・て・は、入学式で緊張して眠れなかったんでしょ!」
 鋭すぎる。愛想笑いをする。
「えへへっ。まあ、そんなところ」
 みつきは背中をバンバン叩く。
「大丈夫。大丈夫。何かあっても、この私が守るよ」
 さりげなく指摘する。
「それ、私の台詞」
「あははっ。御免ね。さあ、行こう」
 みつきが手を差し出す。その手を取ると、不思議と不安が消え去った。不思議。きっと、みつきとなら、どんな困難でも乗り越えられるような気がした。
 そして、入学式。年配の校長先生の長い話。それを生徒たちは知らんぷり。というよりも、横でぺちゃくちゃ。何のその。先生たちも何も注意しない。どこか諦めているような。嫌な予感がする。
 入学式が終わり、教室へと案内される。みつきと同じクラスだ。そこではすでに何人かのグループが出来上がっていた。不良グループ。読書オタクグループ。真面目グループ。運動グループ。
 入ると、すぐに運動グループが駆け寄ってきた。
「おっはよ」
「お、おは……」
 けれど、その挨拶は私に向けられたものではなかった。隣のみつきに向けられたものだった。
「ねえ、貴方、赤城さんでしょ?」
 みつきは頷く。
「そうだけど?」
「やっぱり~~!聞いたよ。赤城さんの数々の伝説。私も同じ隣町の出身なんだ!」
 その声に人だかりができる。
「なになに?どんな話?」
「えっとねぇ~~。まず、全国模試の順位の上位十人の常駐メンバーで、運動も新記録を続発しているんだよ」
「すっご~~い。赤城さん。勉強も、運動もできるんだ~~」
 みつきは謙遜する。
「そんなことないよ。勉強も、運動もたまたま運が良かっただけだよ」
 このクラスでのみつきの株は大いに上がり、一気にクラス上位の地位を築いた。
「ねえねえ。お花を摘みにいかない?先生が来るまでまだ時間あるし」
 これは遠回しにトイレでの社交パーティーを指していた。
「で、でも……」
 みつきは私のことが気になって、視線を向ける。
「わ、私は大丈夫だよ。みつき。私のことは気にせず行って」
 折角、みつきがクラスの皆と仲良くするチャンスである。つぶしたくはない。
「……分かった。有難う」
 みつきが去ると同時に、女子生徒の一人が近寄る。蔑んだ表情だ。
「あんた。何、赤城さんの事呼び捨てにしてんの?」
「えっ?」
 そのあまりの変わりように戸惑った。先ほどまでは天使のように可愛らしくみつきと談笑していたグループの一人だったのに、今では眉間にしわが寄り、恐ろしい形相である。
「あんた。何様って言ってんの?次、赤城さんに近寄ったら、あんたをこのクラスのいけにえにするからね」
 それだけ忠告すると、その生徒はすぐにその場を立ち去った。
 何?どういうこと?
 何故だか、このクラスの生徒が距離を置いているようである。
 そして、先生が教室に入る。若い男の教師に、思わず身構える。
「は~~い。静かに。今日からこのクラスの担任となりました織田信長之介です」
 教室に、大きく織田信長之介と書く。見るからに、さわやかな笑顔を浮かべる。
 これを見て、クラス中から黄色い声が響く。色めき立っているのだ。
「さてと、先生。皆の事知らないから。自己紹介と行こうかな。ではこれから、出席番号と名前を呼ぶので、呼ばれた人は起立して簡単な自己紹介してくれるかな?」
 生徒たちから「はい」と声が上がる。最初の名前が呼ばれる。
「出席番号。一番。赤城みつきさん」
「はい」
 返事とともに、みつきが起立する。
「赤城みつきです。宜しくお願いします」
 みつきは頭を下げる。それはとても優雅で、気品が漂っていた。
 すると、一人の女子生徒が手を上げる。
「はいはい。質問です。赤城さんはどこ校ですか」
 みつきは淡々と答える。
「隣町、尾張のミシシッピ州立中学校」
 別の女子生徒が手を上げる。
「じゃあ、付き合っている彼氏。もしくは付き合っていた彼氏はいましたか?」
 みつきがポツリと言う。
「……言いたくない」
 すると、周りの女子生徒が奇声を上げる。
 織田先生が場を鎮める。
「はいはい。時間がないので、次な。出席番号2番……」
 ーーーそして、私の番が来た。
「次、出席番号17番。柴原めい」
「はい!」
 勢いあまって、思いっきり起立する。
「えっと。柴原めいです。北海道から来ました。宜しくお願いします」
 ぱちぱちと気持ちばかりの拍手が送られる。
 そうして、自己紹介が終わり、先生が退出するなり、いきなり一人の女子生徒が前に立ちはだかる。その姿を見て、鳥肌が立つ。小学一年生から虐め続けていた主犯。藤原京子である。
「久しぶりね」
 その一言で全身ががくがくと震える。抑えたくても、無意識に起こるのだ。
 無言でいるが、京子が続ける。
「まさか入学先に柴犬がいるとは思わなかった」
 取り巻きの一人が声をかける。
「藤原様。この者は?」
「わたくしの、柴犬ですわ。ほら、柴犬。あの頃のように芸をなさい」
 その言葉に絶望的になり、四つん這いになる。そして、一言
「ワン」
 すると、人だかりから笑い声が巻き起こる。その笑い声で蔑んだ目が屈辱的だった。
「さすが藤原様。よく躾けられていますわ」
「驚くのは早い。早い。仕込んだ芸はこんなものではないですわよ」
 そのとき、場を一喝する。
「やめなさい!」
 その主はみつきである。
「こんなことして恥ずかしくないの?」
 けれど、京子は堂々と悪びれなくいう。
「ペットを躾けて何が悪いの?」
「めいは貴方たちと同じ人間よ」
 けれど、京子は可笑しそうに笑い転げる。
「同じ人間?同じ人間が四つん這いになって鳴くかしら?私だったら、恥ずかしくて死んでしまうというのに」
 みつきは京子を睨みつける。
「あなたがそうするように強要しているからでしょ!」
「わたくし、赤城さんとは友達になりたいの」
「何を!」
 京子はみつきの言葉を遮り、続ける。
「友達になれなければ、これが最初で最後の提案になるけどね」
「友達がこんな目に合っているのに、そんな提案のるわけ…・・」
 いけない!
 みつきに精いっぱい叫ぶ。
「ねぇ、みつき。分かってた?昨日からのあんたの態度、正直、うざかったんだけど」
 みつきは放心している。
「めい。いったい何を?」
「正直、迷惑だったのよ!」
 みつきはその場から逃げ出す。
 京子が笑い声を上げる。
「柴犬に手をかまれて可哀そ!」
 めいはその目に涙をこらえた。
 大丈夫。もし、虐められたら、また耐える日々に戻るだけだから。私だけが耐えれば、いいだけだから。そうすれば、みつきは、みつきは。

追加設定(キャラクターなど)

藤原京子 北海道から鳥取までを支配する藤原財閥のご令嬢。小学校1年からめいを柴犬と呼び、虐めていた。どんな不祥事でもその財力で証拠隠滅。大人への泣き落としが神レベル。本作の五年後には藤原財閥の後釜となり、その地位はゆるぎないものとなる。

他の小説の第1話

陰キャだって、陰キャなりにいろいろあるんです。

作者 くろわっさん 総得点 : 3

投稿日時:

俺、山谷 悟流(やまたに さとる)は今、人生最大級の大イベントに直面している。

「ねぇ、お話って何? 」

俺の目の前にいる、白石 緋音(しらいし あかね)に、可愛らしい声で言われた。

「あ……ええと……。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,028 投稿数 : 4 全話数 : 8話完結

絶対内緒のオタク生活!

作者 鈴木ゆずも 総得点 : 5

投稿日時:

「みはちゃん!こっちこっち!」

 かなが私・上野みはるを呼ぶ。
 隣にはあゆがいる。
 私は、小学六年。
 勉強が得意なただの女の子!
 なんだけど・・・
 いや今はあのことは黙っておこう。
 のちのち教えるからっ
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,481 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 総得点 : 1

投稿日時:

 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、... 続きを読む >>

文字数 : 1,691 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

コートヤードの歌声の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ