リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私がアイツでアイツが私で第2話 全10話で完結

私がアイツでアイツが私での第2話・A

作者 つたぬき 得点 : 0 投稿日時:


ついに、遂に完成した!
三ヶ月…寝食を忘れ、研究に没頭していた。が、今は体が軽い!
そのはずだ! 自分は人間なのだ!
憧れても、決して手に入らない人間の体…長い髪に絡まない角のない頭、地面に寝そべり痛まない翼のない背中、太陽の色に似た皮膚…全てが自分の体と違う。そして、愛おしい…

「ああ! これで愛し合える!! 姫(仮)今行きます!!!」

「はあ、はあ」
人間とは、なんて脆いのだろう。
高々、二日間、三日歩いただけで疲労する。
グゥ~
まさか、これは空腹か?
非効率過ぎる。この程度でーーめ、目まいが…

ドサッ

(幻覚だろうか? 最後に姫の ス ガ タ が…)


なんだ、コイツは…
ここは王都の城壁外、増築された農家の道沿いで、行き倒れが家畜のヤナックに嵌まれている。
ヤナックは草食の偶蹄類だから、危険はないだろうが無視は出来無かった。
行き倒れは余り珍しくないが、これが王都の伝令とかなら、ややこしいことになる。
「お父さん、どうしたの?」
鉄仮面を付けた娘がやって来る。
誰が見ても、奇怪だが夜盗除けにはなる。
鉄仮面を被っていると、奴隷商に売れないし、無理に外そうとすれば顔に傷がつくからだ。
(俺の娘じゃないと、バレることもない…)
「行き倒れだ、客間に運ぶからスープでも用意して来い、俺の分もだ!」

追加設定(キャラクターなど)

娘 姫の捨てられた双子の妹
名 ステラ(仮)

他の小説の第1話

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

一番愛している我が娘よ。

作者 元関駿 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今選択を迫られている。大きな選択だ。これで今後俺の教育方針の、この俺が準備した人生設計を大きく修正しなければならないだろう。この俺が中学生の頃から構想し心理学の洗脳技術を集約して計画した洗脳実験が壊れてしまう程の選択だ。
「お父... 続きを読む >>

文字数 : 2,467 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

猫が死んだ。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

うちに帰った。何時もなら。「にゃーん」て出迎えてくれるのに。名前を呼ぶ。気配すら無い。そうだ。縁側で日向ぼっこでもしているんだ。「ねーこー」障子を開けた。白いねこが横になっていた。「ねこ!どしたん!ぴーんとなっているよ?」返事しない。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 311 投稿数 : 2 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私がアイツでアイツが私での第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ