リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私がアイツでアイツが私で第2話 全10話で完結

私がアイツでアイツが私での第2話・B

作者 りょうこ 得点 : 0 投稿日時:


勇者はとある魔法を使おうと思った。魔法を使えばある問題が解決すると思った。問題とは音である。勇者は呪いで耳が聞こえなくなったのである。呪いを解く魔法で耳を治したかったのだ。その魔法の名はyuaである。yuaを使えば耳を治せる。しかし勇者はyuaを覚えていなかった。yuaを覚える方法はパーズド・ウイルラ山の種が必要であった。勇者は山へ向かおうと思った。山は遠かった。馬車を使えば早く着くと考えた。勇者は馬車を探した。その時、どこからか馬車がやって来た。勇者は馬車の持ち主に声をかけた。持ち主「悪いけど売り物じゃないんだよね。馬車には乗せられないよ。」勇者は失望した。仕方がないので勇者は歩こうと思った。

他の小説の第1話

窓を開けたい第6限

作者 しとるんご 総得点 : 0

投稿日時:

外で、桜が舞っている。
高校に入学してから一週間が経った。
中高一貫校だから、友達の心配はない。
今日も相変わらず瑞稀と話している。
「高校の制服、やっぱ可愛いよね」
「中学の制服とは全然違うや」
談笑して、休み時間が終わ... 続きを読む >>

文字数 : 400 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 0

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 748 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私がアイツでアイツが私での第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ