リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私がアイツでアイツが私で第2話 全10話で完結

私がアイツでアイツが私での第2話・B

作者 りょうこ 得点 : 0 投稿日時:


勇者はとある魔法を使おうと思った。魔法を使えばある問題が解決すると思った。問題とは音である。勇者は呪いで耳が聞こえなくなったのである。呪いを解く魔法で耳を治したかったのだ。その魔法の名はyuaである。yuaを使えば耳を治せる。しかし勇者はyuaを覚えていなかった。yuaを覚える方法はパーズド・ウイルラ山の種が必要であった。勇者は山へ向かおうと思った。山は遠かった。馬車を使えば早く着くと考えた。勇者は馬車を探した。その時、どこからか馬車がやって来た。勇者は馬車の持ち主に声をかけた。持ち主「悪いけど売り物じゃないんだよね。馬車には乗せられないよ。」勇者は失望した。仕方がないので勇者は歩こうと思った。

他の小説の第1話

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

不思議な雪

作者 ミチル 総得点 : 6

投稿日時:

 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私がアイツでアイツが私での第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ