リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

異世界転生なんて夢物語だ。第2話 全10話で完結

この世すべての悪となるもの

作者 空亡海 得点 : 0 投稿日時:


「へぇ、あんたがお兄ちゃんっすか」
「あ、ああ、そうだ」

 くそ、こいつなかなかかわいい顔してやがる。俺の色んなところが今にも飛び出しそうなほどの可愛さ。

「なんかキモオタみたい」

 と、思っていた自分が恥ずかしい。妹は翌日から部屋にこもり、俺とは全く顔を見せなくなった。そうか、そういうことですか……異世界転生もないし、可愛い妹も消えたし――――もう、死のうかな。

 その時だった。体のなかに溢れる憎悪が爆発した。すべてが嫌になった。すべてを壊したくなった。そうか、これが俺の本当の力なのか。溢れんばかりの魔力―――いまなら何でもできる気がする。

 ふと、目の前の花瓶に目をやる。そして告げる。

「破壊」

 その瞬間、花瓶が割れた。いや、死んだのだ。花瓶は粉々に砕け、構成していた粒子たちが弾ける。
 そして、花瓶を壊した時、何か快楽を感じた。壊すのが気持ちいい。もっと壊したい。もっと、もっともっともっと、破壊したい。

 だけど、何故か心の中で叫ぶものがいた。
「駄目だ!! 破壊しちゃだめだ!!」
「ん?」
 それは自分だった。過去の自分。弱かった自分。何も手に出来なかった自分。

「お前は黙っていろ―――ここからは俺の時間だ」

 ふと、階段を降りる音がする。

「え――――」

 そして目が合う。階段を降りてきたのは妹だった。スマホをいじりながら階段を降り、俺を見た瞬間―――その目を開かせた。

「あ、あんた……覚醒者だったの?!」
 
 妹はわけのわからないことを言うと、腰から何かを取り出す。それは星がついた玩具のような物体。

「ミラクルキューティクル!! 変身!」

 そしてその玩具は変形し、妹の体にまとわりつく。気がつくと、妹はドレスのようなピンクの衣装を着ていた。

「魔法少女、参上!!」

 俺はその姿を見て、また破壊をしたくなった。何故だろうか。俺を見下していた相手がこんなにもちっぽけに見える。ああ、面白い。どうやって食べようか。

「破壊」

 その瞬間、妹の服装が弾ける。

「きゃ!!」

 妹はそのまま倒れこんだ。

他の小説の第1話

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

深緑

作者 あすく 総得点 : 25

投稿日時:

「暑い……」
三国文月は、駅のベンチでぐだっていた。薄いTシャツ1枚に、ハーフジーンズというラフな姿。頭の帽子は海外の野球チームのイニシャルが縫い込まれている。
文月の座るベンチから見えるのは、むき出しの改札口とホーム。そ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,499 投稿数 : 18 全話数 : 4話完結

一番愛している我が娘よ。

作者 元関駿 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今選択を迫られている。大きな選択だ。これで今後俺の教育方針の、この俺が準備した人生設計を大きく修正しなければならないだろう。この俺が中学生の頃から構想し心理学の洗脳技術を集約して計画した洗脳実験が壊れてしまう程の選択だ。
「お父... 続きを読む >>

文字数 : 2,467 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

異世界転生なんて夢物語だ。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ