リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

異世界転生なんて夢物語だ。第2話 全10話で完結

異世界転生なんて夢物語だ。の第2話・A

作者 壱番合戦 仁 得点 : 0 投稿日時:


「オイオイ、親父!思っていたのと随分違うじゃないか!あの仄香って子、全然萌えねえよ」
俺の激しくツッコミを入れたにもかかわらず、親父は豆鉄砲を撃たれた鳩みたいなアホ面をしている。
「違うって、何がだよ?隼人は、ああいうしっかりした妹が好みじゃないのか?」
「あのなぁ親父、もっとキャラ属性ってもんを理解しておけよ……。
さっきさ、仄香だっけ?あいつが布団とか敷いている最中に『手伝おうか?』ってさりげなく声を掛けたら「あ、自分でできますんで、結構ですっ☆」って笑顔で断られたんだよ……流石の俺でも心が折れるかと思ったわ!!」
「え、どうして?」
野郎、すっとぼけやがって。本当は何のことか分かっているだろ……。
「あいつ、顔はそこそこでしかないのに、笑うとえくぼが出来て笑顔だけはキュートなんだよぉっ!!わかるかっ、真綿で首を締め上げられるようなこの気持ちがっ!?」
ぷぅっ。
返事の代わりにモワリと硫化水素の混じった悪臭が漂う。
「ま、待て待て待て、違うんだ、俺が悪かった……!!許して」
「ぶっコローーーーッス!!!『リバーシブル・クロスチョップ』ゥッ!!」
「すんまそーん!!」
逆十字形に交差させた俺の腕をモロに顔面に食らった親父の断末魔が、高い高い秋の空に響き渡ったのだった。

作者コメント

なろうにて発達障害系異世界ダークファンタジーを書いています。
題名は「白きエルフに花束を」です。
(ここだけの話、C・Wニコラ著「アルジャーノンに花束を」からタイトルだけを拝借していたりもします)
前編のみが完結しておりまして、後編はグッドエンドとバッドエンドの両方を用意する予定です。
このリレー小説も合わせてお楽しみいただければ幸いです。

↓リンクはこちら↓
https://ncode.syosetu.com/n2843em/

追加設定(キャラクターなど)

・隼人の親父
ヘタレであほの子。
ガタイがよくて力自慢だが、色んな意味で間が抜けている。

他の小説の第1話

コートヤードの歌声

作者 ゆりあ 総得点 : 2

投稿日時:

私は男という生き物が苦手だ。
何故なら男という生き物にほぼ悪い思い出しかない。

男の先生が嫌いだった。沢山叩かれて痛い思いをした。問題を間違えただけでもすぐに叩かれた。

そして小学校1年生の頃から受けてきた男女問わず受け... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,953 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

Sonata

作者 木倉かなこ 総得点 : 0

投稿日時:

 【不幸】という言葉は何もない日常に、突然降って湧いてくる物である。
それは今までの日常をあっさりひっくり返す出来事でもある。
 そのど真ん中に立った時、とんでもない力と、ありえない事が生まれる事がある。
それが【不幸】なのか【... 続きを読む >>

文字数 : 2,141 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

異世界転生なんて夢物語だ。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ