リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

魔王様はお困りです

作者 通り猫 得点 : 4 投稿日時:


ここは魔王城。暗雲立ち込める魔界を統べる王の居城にして魔界を支える柱とも言うべき存在だ。魔界の空に浮かぶ浮島に堂々と建っていた。空に常時走る稲妻に負けぬくらい大きなため息がその謁見の間に響く。
音の主は魔王。かれこれ千年は魔界を統べる偉大なる王である。彼は豪華な装飾のある玉座に座り、膝に肘を立て顔の前に手を組んで思案する。手で隠れた唇は一文字のまま、ピクリともしない。
百人は入るという広さのこの部屋には王と付き人の従者、それと招かざる客である勇者の男の三人だ。玉座に座る王の斜め後ろに控える従者とは逆に不敬にも王の目の前に勇者は立っていた。ーーいや、それはいい。必然(...)だ。

「勇者よ……。すまないがもう一度言ってくれるか?余の聞き間違いであったかもしれぬ」

重々しく口を開いた魔王に勇者は頷く。

「ああ。何度でも言ってやるよ」

キリッと表情を引き締める勇者。正しくお伽話に出てくる勧善懲悪をなす正義の味方、といった清廉ささえ感じる。そうだ、それこそ正しい、魔王の口元に薄っすらと笑みが浮かぶ。

「世界を征服するのを手伝うから世界を半分くれ!」
「オイ、正義の味方」
「なんならどんな情報も手に入れてくるぜ!姫のスリーサイズとかさ!!」
「余を変態にするのはやめろ!!」

姫って三歳くらいの幼子ではないか!!魔王の渾身のツッコミもとい、シャウトは広々とした室内に虚しく木霊する。

「えっ!?」
「なんだその疑いの目は。余にそんな性癖はついておらぬ!大体、そなた勇者ではないか!」
「はは、くじ引きで伝説の剣を抜いちゃったんで流れで……」
「ふざけるな!もっと他にあるだろうッ!故郷が焼かれただとか、親が魔物に殺されただとか……」
「えっなにそれ物騒……」

思わず立ち上がり言い募る魔王の言葉に勇者は引き気味だ。現に腰が引けてる。もっと熱くなれよォ!!だとか某コーチのフレーズの叫びが魔王の口から飛び出る始末だ。これではどちら勇者かわかったものではない。

「だって、俺の両親どころかじっちゃんばっちゃんも超元気だし……。故郷ものどかだし」
「……」
「だったら、ねえ?」

魔王倒す理由も特にないし、ね?勇者は聞き分けのない子供に諭すように魔王に優しく言った。

「……だ」
「うん?」
「貴様それでも勇者か?!魔王を倒して名声を得ようとかないのか!?」
「いや別に……。それよりも世界半分貰った方が得だし」
「貴様は外道か!……人を助けたい、とかは!?」
「別に」
「思えよ!じゃないと余が暇だろう!!」
「それが本音かい」

魔王の理由に勇者は思わずツッコミを入れる。というか、俺が負けるのが前提かい、勇者の力ないツッコミは魔王の耳に届かない。

「よし、ならば意地でもそなたをその気にさせてやる!!」
「ええー……。それその気になったら物理的な死が待っているやつじゃん……」
「楽しみに待っておれよ! クハハハハ!ハーッハッハ!!」

高笑いをしながら去っていった魔王の背を勇者は呆然と見送る。
謁見の間にぽつんと一人で残された勇者は天井を見上げる。

「なーんでこうなるかなぁ……」

その呟きは実にやる気のないものだった。
この物語の目次へ

作者コメント

思いつきです。煮るなり焼くなりお好きにどうぞ。続きを下さい(切実)

追加設定(キャラクターなど)

魔王:戦おうぜ勇者ァ!!
勇者:だが断る
従者:空気

以下真面目な設定

魔王:歴代最強の魔王。故に負けたことがなく、そろそろ退屈に殺されそうである。見た目は青年の姿。美形だけど中身が残念。古っぽいしゃべり。

勇者:ゆるゆる勇者。強いし、実は有能だけどやる気が圧倒的に足りない。クズでもある。小悪党タイプ。しゃべりは適当に若者っぽく。

従者:お好きに設定をどうぞ。

今後の展開は 魔王:勇者を殺る気にさせるぞ! 勇者:まじだるい
てな感じで魔王が世界を救おうぜ勇者とか言っちゃう ギャグですな

他の小説の第1話

永久樹の魔女

作者 あすく 総得点 : 1

投稿日時:

 それは、永久樹とわぎと呼ばれていた。
 ある者は天地創生より生える大樹と呼び、ある者は異なる世界へ通じる架け橋と呼んだ。
 しかして、その正体はいまだ不明。わかっているのは、永久樹が膨大なエネルギーを内部に循環させているとい... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,425 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

首無し姉妹

作者 粘膜王女三世 総得点 : 10

投稿日時:

 カブトムシという生き物は、死んだ後何もしなくても首が胴体から勝手に外れてしまう。それはというのは、首と胴体を繋いでいるゼラチン状の物質が死後に壊れてしまうからなのだけれど、当時の幼い私はそれを知らなかった。だから、朝目を覚ました時飼... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,745 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

魔王様はお困りですの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ