リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

アイドルとかいう異能力の無駄遣い!第2話 全10話で完結

アイドルとかいう異能力の無駄遣い!の第2話・A

作者 ぜろ 得点 : 0 投稿日時:


 (すっぴーは今日もノリノリだなぁ・・・)
センターであり、リーダー。その重圧は私には計り知れない。
【alpha】がここまで人気になったのもすっぴー・・・スピルの力が1番大きい。
声援だって、レスポンスだってスピルに向けられてるのが1番だ。
でも、だからって負けていられない。

―――貴方は貴方の精一杯を見せればいいのよ・・・。

そうだ。私は、私の精一杯でお客さんを楽しませるんだ!
と、そこですっぴーの挨拶が終った。次は私だ!
「どーもどーもメルトです!【alpha】のリーダーの左側!皆からは右側かな!すっぴーのついでに私も見てよ!じゃなきゃ《pause》の魔法で永遠に止めちゃうよ~!?今日も楽しんでこーね!」
歓声と私を名前呼ぶ声が会場を包む。もちろん、すっぴーよりは小さいけれど。
それでもいい。今は、それで。いつかきっと。
すっぴーと肩を並べられるようになるんだ!

追加設定(キャラクターなど)

アイドルグループ
グループ名
(アルファ)
メンバー
センター*スピル(未須 陽流)
センター左*メルト(巡 斗南(メグリ トナミ))
○自由
○自由
○自由
能力
スピル→《brain》…人の脳内にある情報を操れる(奪ったり消したり改ざんしたり)
メルト→《pause》…触れたモノ、人物の停止(複数に同時に発動できないと言っている)
○自由
○自由
○自由

他の小説の第1話

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

クールなキミは私だけに甘えたがり

作者 ひよこ 総得点 : 4

投稿日時:

今日もキミは、、、教室の人気者。
いつもクールで長い前髪の奥から覗く青い切れ目はクラスの女子を虜にする。
サラサラとした黒髮に深く澄んだ青色の眼光。
性格もクールで、、、基本誰とも会話もしない、、。
なのに、、、なのに、、、、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 925 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

永久樹の魔女

作者 あすく 総得点 : 1

投稿日時:

 それは、永久樹とわぎと呼ばれていた。
 ある者は天地創生より生える大樹と呼び、ある者は異なる世界へ通じる架け橋と呼んだ。
 しかして、その正体はいまだ不明。わかっているのは、永久樹が膨大なエネルギーを内部に循環させているとい... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,425 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

アイドルとかいう異能力の無駄遣い!の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ