俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

駘蕩と光る湖畔の露天風呂

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

芦ノ湖畔の露天風呂に入ってきました。良い天気で、湖面も湯面もキラキラと光っていて、木も山も向こうには富士山までもが光っているようでした。

最新の添削

春光や芦ノ湖畔の露天風呂

回答者 秋沙美 洋

登盛さん、こんにちは。

「駘蕩」なる季語は初めて目にしました。
ただ、季語である駘蕩を形容詞的な使い方をしていいのか?という疑問は残ります。

駘蕩は一旦置いとくとして、若干散文の匂いを感じました。リズムは悪くないのですが、語順かな。「光る」は最後に持って来た方が整うかと思いました。
「駘蕩に湖畔の露天風呂光る」

添削句では季語を変えました。「駘蕩と光る」という八文字は、「春光」でも似たような事が言えるかと思います。代わりに地名を入れて、より具体的な景に寄せていくと。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

チョコパイを先ずはガブリと春日向

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

江見の海水光は延ぶ冬空へ

作者名 めでかや 回答数 : 5

投稿日時:

泡のやふ金糸雀色の花ミモザ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『駘蕩と光る湖畔の露天風呂』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ