俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

死す蜂の針震わすは憎しみか

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだぴくぴくと動いてをりぬ

最新の添削

「死す蜂の針震わすは憎しみか」の批評

回答者 イサク

こんばんは。コメントありがとうございます。
季語「風船」であります。季語から膨らませた(風船だけに)句ですので、「アドバルーン」は使えませんでした。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

死す蜂の針震へるは憎しみか

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・句意を的確に理解していただき嬉しいです。二頭とすると擬人的には父母が浮かびより句意に近い表現になりそうです。ありがとうございました。
御句・・この種の俳句は共感するかいなかで評価が分かれると思いますが、憎しみの対象は生そのものと哲学的にとらえると良い句と思います。
掲句は、添削ではなく、「震わす」という表現に残る意志の部分を削って見ました。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

死する蜂の針震わすは憎しみか

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美さん、こんばんは🙂
拙句「新緑の…」へのすばやいご批評、ありがとうございます。手厳しい評価ですが、嬉しいです。''白骨''だけだと、確かに、白骨死体浮く、謎の殺人事件ですよね…😅
御句ですが、中七以下の措辞「針震わすは憎しみか」は良いですね。作者がそう見たというのが新鮮です。震えます。
ただ、下世話ですが、ここは「死す」ではなく「死する」の連体形ではないですか?サ変ですからね🤔。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

死にゆく蜂の針震えたる曇りの日

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

・「死す蜂」連体形の件は置いておくとして、動いている蜂を「死んでいる」と断定している是非。
・「憎しみか」詠み手の想像であり疑問形でもあるこの下五の表現の是非。

どちらも否定するものではありませんが、悩むところではありそうです。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ピリ辛や大根の葉の一夜漬

作者名 素一 回答数 : 5

投稿日時:

墓石に丸き錆跡缶ビール

作者名 馬子 回答数 : 11

投稿日時:

名護蘭もポトス等にも苔敷いて

作者名 翔子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『死す蜂の針震わすは憎しみか』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ