俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

楽し気に卯月の宵の夕焼けや

作者 浦上 澤之  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の半ば、4月の下旬近くになる頃の夕焼けが美しく、人々が楽し気に宵のを過ごしている。

最新の添削

楽し気な声の夕暮れ卯月かな

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

・「宵の夕焼け」・・・意味がかぶっているパターンですね。ふつうは「宵」が不要なのですが、この句の場合は「夕焼け」が放置できないのです。これは夏の季語で、「卯月」との季違いの季重なりです。
 ただし「春の夕焼」という季語がありますので、「卯月の夕焼け」とすればギリセーフなのかも・・・?
・「楽し気に」・・・誰が楽しそうなのか、受け手にわからせて欲しいと思います。

俳句というのは、誰かが受け取って初めて成立する文章芸術です(小説とか詩とか全部そうです)。受け手に十七音で何を伝えるか、というのが詠み手の腕の見せどころとなります。
がんばってください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「楽し気に卯月の宵の夕焼けや」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

浦上さん、こんにちは。

卯月の夕焼けで詠みたいという所は分かったのですが、現状ですと「卯月の夕焼け」しか詠めていません。

「卯月の夕焼けを人々が楽しげに過ごしている」との事ですが、人々のどういった行動を見て楽しげだと感じたのでしょう。
仲間で楽しそうに酒を飲んでいるのか、恋人と語らっているのか、家族との時間をまったり過ごしているのか…
楽しげの一言で片付けずに、人々の具体的な行動を描写して、楽しげを読者に感じて貰いましょう。

この句は他にも色々と問題点はありますが、まずは上で書いた事を意識してみて下さい。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花野来てポケモンさがす二人かな

作者名 長谷機械児 回答数 : 4

投稿日時:

ほろ酔いに愛を零すや秋の薔薇

作者名 感じ 回答数 : 2

投稿日時:

ハンドルを切りて失ふ鯉のぼり

作者名 裾野奈保子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『楽し気に卯月の宵の夕焼けや』 作者: 浦上 澤之
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ