俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

母親の手の離せずや入園児

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句では好まれないダブルミーニングですが、狙ってやっています

最新の添削

「母親の手の離せずや入園児」の批評

回答者 鬼胡桃

こんばんは
句についてですが、立て続けに日常を句にしましたね。
あと、二重虹の句のコメントありがとうございます。
現実は残酷ですね。
これなら被らないと思いましたら、お約束みたいな結果になってしまいますから。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

母の手を離せぬ児をり入園日

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

よくよく咀嚼してみましたが…
・自分の子供が心配で手を離すのを躊躇っている母親
・お母さんの手を離すのが不安な入園児
読み方によりどちらにも取れるのがこの俳句のポイントですかね。

句だけを読んだ時、多くの読者が後者の読みをすると思います。「入園児」が最後にくる語順となっているので、なおさらそのように見えるのかも。
ダブルミーニングに気付けたらハッとする句ですが、果たしてどれほどの読者が気付けるか…ですね。僕はコメントを読まなければ絶対に分からなかったと思います。

個人的には素直な詠みでいきたい所ですが、挑戦の意欲には率直に感心しました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「母親の手の離せずや入園児」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんばんは。春日の句への添削いただきありがとうございました。あの時の印象を思い浮かべて、昨夜からあれこれ、辞書を片手に、凛々と、凜然と、燦然と、燦爛とetc、悩みました。スッと出るようになりたいと思います。
御句拝読させていただき、なるほど!ダブルミーニングと言う技もあるのかと知りました。ひとつの表現に悩んでいる身ではありますが、、、(笑)

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「母親の手の離せずや入園児」の批評

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

イサク様、初投句にご批評下さりありがとうございます。拙句「鯉のぼり」に続く語を迷いましたが、緊迫した救急車との違いが出るかと「舞う」にしました。今後もご教授いただけたら幸いです。さて、御句の添削、批評は荷が重いので、想起した思い出をお伝えして、感想に換えさせていただきます。私の娘が初めて登園バスに乗った日のことです。お母さんにしがみつく子や嫌がって泣き叫ぶ子、先生に羽交い締めにされて押し込まれる子がいるなかで、娘はそしらぬ顔でさっさと乗車し、なんとも複雑な気分を味わいました。母子のダブルミーニング、私にはとても自然に感じられます。

点数: 0

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

母親の手を離せずや入園児

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは。
私の「駄洒落句」😅 添削頂きありがとうございます。
「車輪梅」を季語扱いできるなら、もっと簡単でした。「卯月に咲きし」は「卯月」を「疼き」に掛けたつもりだったのですが…
添削句「知らんばいどこに咲いとう車輪梅」は気に入りましたよ。😊
御句ですが、ダブルミーニングは解りますが、日常的な実物写生にそうする必要があるのかどうか、一考ものです。
子供が母親から離れたくない、のと同時に、母親も子供から離れたくない… ことを狙ったと思いますが、どちらか一方に人は読むの で、どうですかね… 私は一読、後者の意味に取りましたが…
「手直し句」もまたダブルミーニングです。私のてにをは感覚で一字だけ変えてみました。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

松の芯ぴんと立たる門潜る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋燈下三十八年ぶりの記事

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 5

投稿日時:

縁側の鮃のごとき日向ぼこ

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『母親の手の離せずや入園児』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ