俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

霞む島白き帆並び通りけり

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

浜辺にて。今日は暖かくて向こうの江ノ島も霞んで見えた。学生のヨット部の練習メニューなのか、ヨットの帆が等間隔に列をなして、横切って行った。
と言う情景を詠みたかったのですが、
また三段切れになりそうだったり、言葉選びが難しかったです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

江ノ島の霞みて白き帆は行けり

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

上五、島と自分の間に「海」があるのが伝わらない構成になっているように感じます。「自分が島にいて、霞がかかっている」とも取れてしまいそうですね。
季語「霞」は使うとして、
・「島」「ヨット」のどちらを引きたたせるか
・「並ぶ」は必要であるか
・「通る」とはどこを通っているのか
ということを考えつつ、提案句を置いておきます。「通る」はどうしても説明になりそうなので諦めました。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

朝霞白き帆船のひと並び

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
上五ですが、[霞]または[霞み]という形なら季語でありますが、[霞む]という型の季語はないみたいです。あと[霞む島]としますと、霞んでる島という意味になるので、季語としては弱くなってる気がします。
中七の[白き帆]とありますが、これでは帆船とも解釈ができますので、ヨットと連想するのは難しいです。
下五はイサクさんと被りますが、通るとはどこを通るの?と思いました。
登盛満の句から離れてしまいますが、
例句ですが、春の時期霞がかかってる朝に、複数の帆船がひと並びになってる様子の句を添付します。いかがでしょうか?

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「霞む島白き帆並び通りけり」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

申し訳ございません。
先ほどのコメントに、登盛満さんの所に[さん]が消えてるのを見つけました。
本当に申し訳ございません。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

シャトル打つ音ハシュンと凍てし朝

作者名 大猫 回答数 : 2

投稿日時:

木陰にて幽霊もまた一休み

作者名 白南風 回答数 : 2

投稿日時:

春風に安産祈願仙人見

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『霞む島白き帆並び通りけり』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ