俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

車いすで行けぬと妻泣く蛇苺

作者 森 教安  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今の日本では、車いすで移動するって不便なことが多いんですよ。中七の表現があいまいかなとも思うのですが?

最新の添削

車いすで行けぬと妻泣く蛇苺の批評

回答者 三日酔いの防人

森教安様、こんにちは。なかなか難しい句ですね。おそらく、詠んだ情景に車椅子の奥様と蛇苺は出てきているのでしょうね。しかしながら、その全てを詠おうとすると無理が生じます。まず、季語、蛇苺を詠むのか、車椅子を詠むのか、そこを決める必要があります。私でしたらというところで一句失礼致します。
車椅子しげしげと蛇苺かな
車椅子の人物が蛇苺と睨めっこしている情景が浮かぶかと思われます。その情景をまた第三者が見ている、車椅子の人物と親しい間柄なんだと思わせることができれば成功です。
俳句は読み手に、想像させることが醍醐味だと思いますので、色々と試してみてください。

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「車いすで行けぬと妻泣く蛇苺」の批評

回答者 腹井壮

森 教安さん、こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

かたや川柳で内容も正反対で比較対象にするのはおかしいかもしれませんが

車いす勇気を出して二人旅

この句はとある旅の川柳コンテストの大賞作です。どちらが「省略の美学」が効いているかというと上の作だと思います。森さんの句は中七が曖昧というより言葉を詰め込み過ぎている印象があります。そういうところを念頭に置いて推敲されてはいかがでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「車いすで行けぬと妻泣く蛇苺」の批評

回答者 腹井壮

森 教安さん、こんにちわ。
推敲の余地はありそうではありますがかなり前進したと思います。

春風に押しつ押されつ車椅子

こんな句がネットに発表されていた気がします。参考までに。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「車いすで行けぬと妻泣く蛇苺」の批評

回答者 ハオニー

無理無理に詰め込んだ中七が、きちんと効果を発揮していないのだと思います
そのせいで、季語「蛇苺」を選んだ理由も分かりづらくなっています

参考になるかは分かりませんが
車イスでも行けません雪柳

私の川柳の腕は低いので、こういった省略の美学は実践できません
しかし、意外性を狙うのはできます

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「車いすで行けぬと妻泣く蛇苺」の批評

回答者 白井百合子

森教安さんこんにちは。
コメントありがとうございます。
私は初心者で添削などはできないのでコメントだけになります。
ごめんなさいね❗
剪定にリボンのつけるのは私だけですか?
リボンでなくても印はつけませんか?
そのほうが失敗しなくていいですよ!

点数: 0

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の雁棹折れ曲がり伊吹越ゆ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

春遅し水槽凍る朝ぼらけ

作者名 金目鯛の煮付け 回答数 : 3

投稿日時:

後で利くトムコリンズは猫の恋

作者名 せきしゅん 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『車いすで行けぬと妻泣く蛇苺』 作者: 森 教安
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ