俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

元日に壁の神社にお賽銭

作者 水越里絵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

勤務先の施設では毎年初詣には行けないのでみなさん手作りの神社にお参りしています。

最新の添削

「元日に壁の神社にお賽銭」の批評

回答者 そうり

水越里絵さま
今年もよろしくお願いします。御句、、、「壁の神社」と表現されたところ、オリジナリティーを感じます。が、、、、伝わりずらいかも、、ですね!
「元日の施設の手製神社かな」、、、神社としたことで、お賽銭は読者の想像に委ねました。句意に沿いませんでしたらご容赦ください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

元日や手作り神社にお賽銭

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

御句、「壁の神社」が、コメントを読まないと意味がわからない気がします。素直に「自分たちで作った」を入れた方がよさそうです。
措辞に気を付けないと「大工仕事をして神社を建てた」という句になりそうですね・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「元日に壁の神社にお賽銭」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

水越里絵さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

壁の神社?はて??というのが大きな疑問でした。岩窟を利用した神社が存在するのかな?とも思いましたが…
一応コメントを読んで、言わんとする事は分かりました。が、現状の書き方で句意に辿り着ける人はかなり少ないと思いますよ。
ここは「手作りの神社」と分かるように書かないと…。
後は「元日」「お賽銭」この二語も、単に「初詣」とすればギュッと節約出来ます。

「初詣施設の手描き神社へと」
こんな感じでどうでしょ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

歌にあるみかんの花がそっと咲く

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

水澄めり大岩越えて滑り落つ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

陽炎や先回りして待ってみる

作者名 やまの はるか 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『元日に壁の神社にお賽銭』 作者: 水越里絵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ