俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鳶の輪眼下に望み北颪

作者 近江  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鳶が上昇気流に乗って輪を描きながら上空へ舞い上がって
いつもは下から見ているが山に登った時下のほうで何羽も輪を作り
ながら飛んでいた。
乾燥したかわいた空気をもたらすまさに北おろしが肌を射す
猛禽類は冬の季語と思っていたが
ホトトギスの新歳時記には載っていなかった。

最新の添削

輪を描く鳶を見下ろし山の冬

回答者 イサク

こんばんは。

御句、中七「眼下に望み」がまるごと説明になってしまっているようです。
「・・颪」は山から下ろしてくる(吹いてくる)冷たい風の意味で、山裾や平野での風の意味合いが強いです。山上にいるときにはそぐわない語かもしれませんね。鳶のイメージである「上昇気流」とも相性が悪いようです。
「自分は山上にいて、上昇気流で輪を描いている鳶を見下ろしている」という内容を全て詰め込むのは、「北颪」を除く十二音では厳しいように思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鳶の輪眼下に望み北颪」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

近江さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

良いですね、景が立ちます。
が、「望む」という動詞が詠み手の存在を思わせ、「鳶の輪」「北颪」の光景に水を差しているような感じがしました。

ここはもっと客観的写生を大事にする方向で
「鳶の輪わずか乱すや北颪」
とかどうでしょ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今コロナ行動してはいけません

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

臥す祖母や海胆の小瓶を枕元

作者名 輝久 回答数 : 5

投稿日時:

少子化よ金さえ出せば解決か

作者名 もみじまんじゅう 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鳶の輪眼下に望み北颪』 作者: 近江
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ