俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

墨の香に心鎮めて筆始

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

太筆で書初を。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「墨の香に心鎮めて筆始」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

久田さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

んーちょっとこれは語順のせいで散文的な…もっというと筆始めのキャッチコピーっぽい仕上がりになっていると思います。

「墨の香に鎮まる心筆始め」
語順はこうじゃないかなーと思います。

もっというと、「筆始」という言葉に「墨の香」は、季語との距離が近過ぎるのではないでしょうか。筆始とある時点で、書かずとも墨の香りは漂ってきます。
それを踏まえて

「筆始め心鎮めて書きし夢」
くらいで、いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「墨の香に心鎮めて筆始」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

中七が疑問とはどういう意味ですか?
自分は上五で季語、中七下五で関係ないフレーズで作りました。雪しまくで意気銷沈の気持ちを一層強めたつもりです。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

南仏の色タイルごと葡萄パフェ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

側溝の奥へ逃げたる貉かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

俳句の名冠して論破甲子園

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『墨の香に心鎮めて筆始』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ