俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

轢かれたるままの老猫年を越す

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通勤中、ロードキルの猫を目撃しました。何もこの時期に…と思いつつ、やるせない気持ちです。

旧年中は大変お世話になりました。俳句という創作に出会い、添削道場を利用し始めて約3カ月。その頃は季重なりという言葉の意味も、季語という概念もよく知りませんでした。
皆さまには大変多くの事を学ばせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
2021年もどうぞよろしくお願いします。

最新の添削

轢かれたるままの老猫菫草

回答者 イサク

あけましておめでとうございます。

年末に添削の難しい句をお残しで…この句は某先生の提唱する「季語に関係ない12音+心情にあった季語」という構成で考えた方がよさそうですね。とすると年越しを読むのは厳しいように思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「轢かれたるままの老猫年を越す」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋様
今晩は🌌紅白を見ておりましたが、俳句添削道場が気になり、開いて見ると、秋沙美様の添削が入っておりました。ありがとうございます☺️✨老猫の死体、小学生の時の記憶が蘇りました。とても賢く気高い、私の顔を、バースデーカードにとても醜く描いてきた綺麗な女の子、そんな意地悪(いや、私は酷い顔をしていたのかもしれない、💦)な子と想っていた彼女、事故にあった猫を見てすぐ泪が出ていた。そして顔を顰めて歯を食いしばっていた。そこまでの感受性を持った子が近くにいなかったので、私はただ彼女を呆然と見ていた気がする。忘れられない。同じ名前で六年間ずっと同じクラスで。賢い彼女は都立へおとなしく苛められやすい私は中学から私立へ、彼女と学校が別れた。懐かしく切ない気持ちになりました。私事が過ぎました。ごめんなさい🙇💦本年中は大変お世話になりました。来年もまた宜しくお願い致します。良い年をお迎えくださいませ☺️✨さだまさしさんの唄、素敵でした、また私事をすみません💦良いお年を✨

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「轢かれたるままの老猫年を越す」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美洋様
明けましておめでとうございます。
このサイトに参加し始めてて約3か月、私も以前、猫の句を投稿したことがあります。
轢死した猫をモチーフにした句が多いのか少ないのか知りませんが、私の句は…
「秋の日の轢かれし猫の思ひかな」
誰かから一点お点を頂きましたが、この句だと季語がすべる、といいますか、季節はいつでもいいように思えます。しかし、これを
「冬の日の轢かれし猫の思ひかな」
とすると、凍てついて、この世の非情が強調されすぎてしまいます。地縛霊にでもなってしまいます(笑)
私は、秋晴れの日の、空に溶けてゆく猫の魂、思いを言いたかった訳です。
秋沙美さんの句だと、死んだ猫が浮かばれません(笑)…成仏させてあげてくださいな…(笑)
句の添削をできるような力量は、私にはまだありませんが、轢死の猫に同じく目を向けてくれたことを嬉しく思います。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コスモスの畑に退職者一人

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

白蟻や老母一人となる実家

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 7

投稿日時:

押し合って一羽落ちけり寒雀

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『轢かれたるままの老猫年を越す』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ