俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

千灯といえど小暗き風の盆

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

町ながしの雰囲気を。
講評のお礼の窓口はいずこにありますか。お教え願います。

最新の添削

千灯と真暗き水面風の盆

回答者 幸福来々

コメント失礼します。

沢山の光があっても照らせない部分がある。
沢山の悼みでも届かない部分がありえるのではないか。というちょっと厳かな感覚を風景で表せていると思います!

『いえど子暗き』と説明するより、灯りの柔らかい光から真っ黒な風景に焦点を向けた方が情景を描けていると言えるのではないでしょうか。
水面である必要はありませんが。

点数: 0

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

花笠を母がなおす夜運動会

作者名 大泉洋二郎 回答数 : 2

投稿日時:

朝の月小鳥のさえずりいざ卒業

作者名 うらら 回答数 : 1

投稿日時:

暁光やこほりのはなすこゑ微か

作者名 いなだはまち 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『千灯といえど小暗き風の盆』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ