俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

飴菓子のサンタとの夜や春まだき

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

明るい七七を入れた励まし短歌を絶賛募集中です。

最新の添削

「飴菓子のサンタとの夜や春まだき」の批評

回答者 久田しげき

「サンタ」をクリスマスと解すれば下五は当然で、読み手に狙いは理解されません。意図から見れば季重なりと見る人も多いと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「飴菓子のサンタとの夜や春まだき」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
私は詳しくないので、はっきりと言えませんが、
この句は人にはよっては、季重なりと判断される可能性があります。
調べましたら、歳時記や俳人によっては季重なりと判断するしないがありましたので、コメントします。
あと確認ですが、季節外れの句を投句しても問題はないですか?
今冬でない季語で句がいくつかできましたので、確認です。

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「飴菓子のサンタとの夜や春まだき」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

「サンタ」をクリスマスと解すれば下五は当然で、読み手に狙いは理解されません。意図から見れば季重なりと見る人も多いと思います。

点数: 0

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鈴虫やダイニングにて家鳴りなど

作者名 74 回答数 : 4

投稿日時:

久々の友の笑顔や梅雨晴れ間

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

廃校に鶯いまだ練習中

作者名 雪柳 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『飴菓子のサンタとの夜や春まだき』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ