俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

しんしんと降る雪音の銀世界

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだこちらは雪が降っておりませんが、スキー場や朝目覚めた時に家のドア🚪を開けた時の外の様子を想像して詠みました。今まで毎週孫に会っていたのに、今は仕事を増やしてしまい、少し寂しい想いをしている今日この頃です。孫や娘の為にお金貯めなきゃ💦主人の方のお母さんは娘の為に中野に家を残すと云ってくれて娘は本当に有難がっていたので、私も良かったと想っております。主人の方のお母さんに大感謝です💦

最新の添削

しんしんと音なき音の雪景色

回答者 森本可南

こんばんは。翔子さん。
誰だたか、音なき音という句を詠んでいらしたので、それ、ちゃっかり、使わせてもらいました。銀世界は、季語では、ないので、仕方なく、雪景色になりました。銀世界、好きなのに、どうして、季語じゃないんだろう?そもそも季語って、誰が、決めてるんだろう?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「しんしんと降る雪音の銀世界」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

静寂の世界、いいですね。
シーンが浮かびます。

しんしんと降る雪全て埋め尽くす

なにもかも悲しいことも埋め尽くしてほしいと願いをこめて。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

しんしんと音なき音の雪景色

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんばんは。翔子さん。
誰だたか、音なき音という句を詠んでいらしたので、それ、ちゃっかり、使わせてもらいました。銀世界は、季語では、ないので、仕方なく、雪景色になりました。銀世界、好きなのに、どうして、季語じゃないんだろう?そもそも季語って、誰が、決めてるんだろう?

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の夜やまだ間に合うと思い立つ

作者名 林涼介 回答数 : 3

投稿日時:

四段に叩きつけられ冬の滝

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

石垣の人里寂し柿たわわ

作者名 素一 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『しんしんと降る雪音の銀世界』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ