俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白天の月光微か霜の降る

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

月を季語でなく詠みたいのですが、「冬の月から降る雪」など、他の季語と取り合わせたい場合はどう表現すれば(今回は霜です)・・・という課題が解決できません。意図的な季重なりはありとしても。

最新の添削

初霜の北京白天の月のやう

回答者 南風の記憶

 イサク様、お世話になります。
 御句ですが、季重なり以前に気になる点があります。それはやはり上五中七の“白天の月光”。調べてみますと、白天とは中国語で「日の出から日没までの明るい時間」を指すようですね。白天が中国語だと分からない人も多いので、ここが損かなと。

 さて俳句の基本から言えば、季重なりはよほど強い理由があるか、もしくは季語に強弱を付けるかしないと、やはり句としては成立しづらいと私は思います。

 改善点としては二つ。まず中国だと分かるようにすること。もう一つは、(御句の場合は)季語に強弱を付けることでしょうか。

例)初霜の北京白天の月のやう

 後半に「月のやう」と置き、月を比喩として使えば、季語としての力は弱くなります。また北京(中国)だと分かれば、白天の月というフレーズを読み手がすんなり受け止められるのではないでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白天の月光微か霜の降る」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

恥ずかしながら、「白天」という言葉は知りませんでした。一応調べましたが、ハッキリした情報は得られず。
字面から見て昼間の光景を詠んだ句と思いましたので、もし違っていたら以下の添削は無視して下さいませ。

これは「微か」不要だと思います。夜の月はさておき、白天の月ですから、微かなのは言わずもがな。「微かな月光です」と敢えて述べる必要性は薄いかなと。
ここはもっと読み手のイメージ力を信じてもいいのではないでしょうか。

そして気にされている季重なりですが、現状でもそこまで気になりませんよ。「霜」とある時点で明らかに寒々しい光景なので、冬の句なんだなと受け取るのは難しくありません。
ですので「白天の月光」という語句も、ギュッと縮めて「昼月(秋の季語らしいですが)」としちゃっていいと思います。
結構削れるので色々想像出来ます。

擬音で遊んでみてもいいと思います。
「霜降るや昼月きゆつと閉じ込めて」

あるいは場所を設定して具体性を持たせるなら
「昼月を閉じ込め軒の霜柱」

もしくは霜の色、姿を明確にする方向で
「昼月の白きを借りて霜柱」
とか。

以上はあくまで僕個人の考え方です。伝統的な作句を重んじる人なら、季重なりにもっと慎重かもしれません。
もしかしたら僕のこの考えもいずれ変わってくる事もあるかと思います。一意見としてお受け取り下さいませ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「白天の月光微か霜の降る」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

イサクさま
よろしくお願いします。「鷹」の句のご鑑賞、ありがとうございます。御句、、、中七、、、真夜中なのか、明け方なのか、、、をオリジナリティーな表現で詠まれたらいかがでしょか?

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「白天の月光微か霜の降る」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

イサク様
今回は、送れたようです、お礼が遅れてごめんなさい🙇送れないと困るので簡単にします、ごめんなさい💦難しいです、私は季語を満杯にしてしまう方なので。答えにならずにごめんなさい🙇謝ってばかりですね💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「白天の月光微か霜の降る」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

イサク様
この間は失礼致しました。霜は地上側で凍るので降るではなく降りるというようです。雪は上空で凍るので(昇華)降るというようです。私は季語をなるべく入れるように頑張ってはおりますが、自分独自の俳句にどうしても執着してしまうところが有り、参考にならなくてすみません、イサク様のイサクは笑いという意味なのですね、アブラハムの息子なのですね、縁起の良い名前に感じます。

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ファンの夢ぎゆしのさねかな桜花下

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

新品の手袋探し戻る道

作者名 めでかや 回答数 : 5

投稿日時:

駘蕩と光る湖畔の露天風呂

作者名 登盛満 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白天の月光微か霜の降る』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ