俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

暁雲を眺む車窓の霜雫

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久々に夜明け前に外を走る電車に乗りました。結露を使うつもりが季語ではないと知り、必死で作り変えました。

最新の添削

「暁雲を眺む車窓の霜雫」の批評

回答者 南風の記憶

イサク様、拙句へのコメントありがとうございます。

御句ですが、光景の切り取り方は俳句的で良いと思います。ただ「暁雲」と「霜雫」の関係がちょっと分かりにくいので、両者をつなげる工夫が必要かと存じます。

例)暁雲のおぼろ車窓に霜雫

車窓から暁雲を眺める光景を描写してみました。如何でしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

蝸牛地球の円み感じをり

作者名 矢永 壽風 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

後口を西瓜の黒衣這い回り

作者名 三男 回答数 : 0

投稿日時:

熱帯夜日またぐ頃には逃げる布団

作者名 たか 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『暁雲を眺む車窓の霜雫』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ