俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひまわりの服丈足らず秋惜しむ

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

3kgだった息子が今は10kg

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘いただけると励みになります。

最新の添削

「ひまわりの服丈足らず秋惜しむ」の批評

回答者 猫山竹

晴峯旬草様 こんばんは、御句微笑ましくまた少し切なく鑑賞させていただきました✨
子どもの成長は一日、一日が宝物ですね。
小さくなった服…見ていると嬉しい反面、成長のスピードに親のほうが心構え追いつかなかったりします。そんなこんなでバタバタと必死になりながら一緒に成長し気付いたら大人、となっています😅なので今、晴峯様が句を詠まれる事、句で心情を記録する事は、お子様と家族にとっても掛け替えのないお守りになると思います。
秋惜しむ、のしみじみ感と親の心情はリンクしていると思います。夏にお子様がこれを着て元気に過ごした日々の記憶(ひまわり柄が見事に表していますね)があるので、もう2度と袖を通す事の無い子供服、詠んでお別れしたいですね。そしたら次は大きめの冬服ですね😊

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ひまわりの服丈足らず秋惜しむ」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
よろしくお願いいたします。お気に入りのひまわりの服寸足らずになってもう7日は立冬ですのでお気に入りになる冬服を探してあげてください。

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりの服丈足らず秋惜しむ」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

晴峯さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

省略の仕方が上手ですね。「吾子の服」などと書きたくなりそうな所ですが、「丈が小さくなったひまわりの服」で読者は子供の服なんだなと読み取れます。
ちょっと勿体無いと思ったのは…ひまわりの服の丈が足りず、秋を惜しみました。という構成がパッと見て散文っぽい感じがしました。
語順の問題かなあと思います。
「秋惜しむ」という語句も、子供の成長をしみじみ見つめる感じと重なりすぎるように思いました。

丈足りぬひまわりの服秋ぞゆく
くらいでどうでしょ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

振り返りやっと卒業背に赤門

作者名 肥川 稔 回答数 : 2

投稿日時:

節分会豆を撒きゐし朝青龍

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

梅開く狭庭の景の整いし

作者名 洋子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひまわりの服丈足らず秋惜しむ』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ