俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もうすぐの早春の頃詩をめくる

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

やなせたかしさんの詩集や名言集を読み進めようと思います。心に勇気が湧くし、心が癒やされますから。最近は俳句の他に新たに心理カウンセラーの勉強を始めたいと思っております。まだまだ思っているだけですが、一括ならもう少し仕事をして貯めないと無理ですし、新たな仕事が入ってきて、まだまだなれなければいけないですし💦私は冷静に誠実に変わっていけるでしょうか?優しくなれるでしょうか?推敲したつもりですが、まだまだ足りないかもしれません。すみません🙏💦

最新の添削

春待ちぬ愛と勇気の歌うたい

回答者 鈴屋いるか

色々と将来を考えておられるのですね
頑張ってください!

添削ではないですがやなせたかしさんのアンパンマンマーチから一部頂き応援の一句を贈ります

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もうすぐの早春の頃詩をめくる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

◆この「もうすぐ」は何の「もうすぐ」でしょうか?「もうすぐ早春」ならばこれは「春待つ」「春よ来い」という冬の句ですね。
 他に「もうすぐ」の意味があるとしても、読み取れませんでした。
◆「頃」はいらないのでは・・・それよりも、「もうすぐ春」か、「早春」か、季節をはっきりさせた方がよいと思います。

・早春のベンチに歌ふ早春賦

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「もうすぐの早春の頃詩をめくる」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

西瓜糖さん、こんにちは。
西瓜糖さんにしては、前句から少し間が空きましたね。

御句拝読しました。なんとなく詩の雰囲気が漂うかのような句ですね。

ただ、正直に申し上げて、何をおっしゃっているのか、ちょっとわかりかねます。
「もうすぐの早春の頃」。イサクさんもおっしゃっていますが、もう立春も過ぎましたし、もう「早春」でいいのではないですか?

「詩をめくる」。誰の?何の?
ちょっと唐突です。

ご自分ではわかっていらしても、読み手にもわかってもらい共感を得ようとする姿勢は必要だと思いますよ。

・早春にやなせたかしの詩をめくる

「実名は…」ということであれば、

・早春や勇気もらえる詩をめくる

あるいはまた何か勉強をお始めになるとのこと、それをお詠みになってはいかがかと。

・早春や新たな学び志す

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「もうすぐの早春の頃詩をめくる」の批評

回答者 鷹司晶子

句の評価:
★★★★★

早春に新しきこと学び乞う

早春に、何か、新しいこと、はじめよう。
とりあえず、やなせたかしの詩
集読んで、学んでみよう。
翔子さんの、コメントを、読んで御本人の気持ちになって、つくってみました。その他のことは、大先輩に、おまかせ。ごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、鷹司晶子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

九州の訛りかかえて入学す

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

長雨のお盆の空に鷺が舞う

作者名 くりもな 回答数 : 4

投稿日時:

陽だまりや瞼も重し春の風

作者名 芦川次郎 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もうすぐの早春の頃詩をめくる』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ