俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

やじろべえ右手の団栗やや重し

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

団栗細工も楽しい

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「やじろべえ右手の団栗やや重し」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さま
こんにちわ。景がしっかり立つ「佳句」ですね。右手は「うて」と読ますのでしょうか。「みぎて」と読ませ、敢えての字余りでしょうか?上五に「やじろべい」としているので、「右の団栗」としても景は立つとも思うのですが、、。初心者なのでスイマセン。

点数: 3

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「やじろべえ右手の団栗やや重し」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

不安定なやじろべえの姿が浮かびますね。
今のままでも十分完成してるとは思います。
僕だったらと前置きして…。

「右手のどんぐりやや重し」やじろべえに寄り添っている感じがありますが、敢えてそこを突き放して、冷たく客観視した詠み方も面白いかなと思います。

やじろべえ右手が重いやうである

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「やじろべえ右手の団栗やや重し」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

鳥越暁様
よろしくお願いいたします

「熱燗」へのコメントありがとうございます。添削前と比べて圧倒的に俳句らしく良くなったと思います!

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

過疎地にも嬉しき一人入学生

作者名 山口雀昭 回答数 : 1

投稿日時:

二人すらり風呂の蒸気にアナルに手

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

代掻きてぴょん太とけら子に夕陽かな

作者名 白井百合子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『やじろべえ右手の団栗やや重し』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ