俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

土けむり白球を追う夏帽子

作者 生友駿  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏の最後の大会。
土煙が舞うほど渇いたグラウンドで頑張る息子を見守っている母親

最新の添削

「土けむり白球を追う夏帽子」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。初心者様でしょうか?

上五・中七・下五のつながりがわかりにくいです。
三段切れ(上五・中七、下五でぶつぶつと三つに切れていること)でしょうか?

三段切れではない場合、
「土けむり(が)白球を追う」というのは何かおかしいので、中七下五で「白球を追う夏帽子」と受け取りますが、
「夏帽子」は「野球帽」とは違うので、この「夏帽子」はグラウンドにはいない(コメントからは、観客席の母親?)人の物です。それが「白球を追う」ことになっています。ちょっと違和感のある表現ではあります。
 目で追っている、ということでしょうか?

文章のつながりという点や、句を受け取る人にわからせる点を、もう少し工夫できそうです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「土けむり白球を追う夏帽子」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

生友駿さん、こんにちは。
御句拝読しました。これは野球の、練習をする子どもを見守っている母親の句ですね。
野球の練習をする子どもを詠んだ句はよくありますが、その親の句は初めてです。
甲子園目指せ!

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

色剥げる昭和の遊具花の屑

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

夏になり湖水に溶ける翠の山

作者名 雪之丞 回答数 : 1

投稿日時:

秋彼岸黙して食べる半殺し

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『土けむり白球を追う夏帽子』 作者: 生友駿
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ