俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

どうしたら上手く人と向き合えるのだろう。言わぬが花か?それは嫌や!

最新の添削

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 翔子

いなだはまち様
まさに私もその問題は、よく悩みます。そう、いなだ様もご存じかとは思いますが、こんな奴ですので…。職場は私より二十も上の方達と仕事をしているし、環境整備の仕事、定年が、ないのか?と思ってしまう💦ダブルワークで始めた新築マンションの清掃の仕事、時給が良いので惹かれて応募したが、社長はとても若いがしっかりしていて、仕事中に初日からニ回続けて倒れてとても迷惑を、かけたのに、まだ雇ってくれている。社員の方も優しい、迷惑だから辞めたいが、優しくしてくれる皆の事を考えると、辞められない。人と向き合うのは、とても難しい。すみません💦話がそれたような…💦とにかくいる事が大切なことか。添削も有り難うございます。大人になるとは、悲しみを知り、悲観的な事を知る事なのかな、と何となく想い、句にしました。手直し句も有り難うございます☺️🍂✨

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

はまちさん
こんにちわ。「子規」につきまして、、、俳筋力、情報提供感謝申し上げます。はまちさんからの数多の情報提供のスピードについていけるか、、、でも私にとって新鮮で楽しいです!
御句、上五「寝て覚めて」に下五の「しむ身かな」が読者の想像を膨らませます。「身にしむ」でなく「しむ身」としたところに、私はリアリティーを感じました。又、安易に「コーヒーの苦み」等ではなく「香」としたところが、状況を浮き立たせていると詠ませていただきました。
残念でちょっと嬉しい報告をします。先ほど、伊藤園から、詠んだ句の入った「賞状(佳作)」が届きました。入賞はしませんでしたが、なんか、、、素直に喜びました。志低いかな?でも、はまちさんには報告したく、、、。

点数: 3

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

再び失礼します。
拙句「ねこじゃらし」については実景で、他の方のご推察通りに繁茂していたものです。
推敲前との言質がお気に障ったご様子、いなださんがこの道場に完成されたと思う句を揚げると思わなかったので。
私は貴殿に対してまったくこれっぽっちもマウントとるつもりも興味もないです。
季語に関しての蘊蓄も「きごさい」こらの引用ばかりですし、句も頭で捻ったものばかりですし、指摘されると噛みつく性分は以前のまんまですね。
私も今後は一切関わらないので、そのようにお願いします。と言ってもまた、噛み付いてくるでしょうね 笑

点数: 3

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
よろしくお願いいたします。
お久しぶりです。

「嚏」へのコメントありがとうございます。
添削句ですが、嚏の音の響きが生命力を持って聞こえてきますね。良いと思いました。
嚏の句を作る上で、嚏の句を多少ですが読み漁りました。個人的に感じたのは、一昔前の句ですと、嚏して「孤独」「淋しさ」「ひもじさ」などを感じるものが多く、
比較的最近のですと、エネルギッシュで生命力ある句が増えている印象です。
今回の句は、「孤独感」をテーマにして詠んたので、「小さく」と表現してみました。

点数: 2

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます(*^^*)
今朝、炬燵を作ったかぬまっこです。
この句の季語は何でしょうか❔
「しむ」は「凍む」ではなくて「染む」と捉えました。
所で、人づきあいは大変ですよね。
まあ、あまり神経質にならないことかなぁ…。これは永遠の課題でしょうね。上手くできる人の方が少ないと思いますよ。
「知に働けば角が立つ情に棹させば流される」とか…

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

「身に入む」と季語があったのですね。m(_ _)m

野ざらしを心に風のしむ身かな
            芭蕉
という句がありますね。

芭蕉さんは心に風のしむ身かな
いなだはまちさんは珈琲の香のしむ身かな
なので、リラックスして下さいm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 和光

句の評価:
★★★★★

こんにちは。コメントありがとうございます。そうなんですよ~「月」の状態の季語がほしいんですよね。春になるけど「朧月」なんかも良いかなと思いました✏「萩の月」は句のリズムが良く成りますね。句のイメージは満月です🌕掲句は季語の成り立ちを知りたいですね☆

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

小銭入れの句へコメントありがとうございました😊
上五と中七で映像化出来ていると勝手に思い込んでいました。一から作り直しですね。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 和光

句の評価:
★★★★★

こんばんは。月は各自色々なイメージが有るので 句にしやすいですね🌕部屋に満月の写真を飾っても温度感の無い清々しさが有ります。調べて頂いた季語は普段使いの言葉みたいで季語の進化版の様な気がします。チャレンジ精神は大事だと思います☆

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
御句の場合、心情が句としてうまく伝わっていない気がします。
珈琲の香「の」の助詞で、しむが染むと捉えられやすくなるのではないかと。
寝起きのコーヒーの香りと聞くと暖かいと想像します。身に入るへ繋がりにくいでしょう。
即句だと思いますので、推敲前と思いますけれど。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな」の批評

回答者 おはる

句の評価:
★★★★★

いなだはまちさん添削ありがとうございました!
季語が上手く思いつきません。。
完全に勉強不足です。。
色んな人の俳句読んで語彙を増やします!

いなだはまちさんの句はしむ身かなで悩んでる様子を感じました。珈琲の香でほっこりした後の対比が好きです。

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、おはるさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

レジ打ちの異国の少女鳥帰る

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

筏へと三密守る寒烏

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

竿納む若葉時雨を浴びながら

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寝て覚めて珈琲の香のしむ身かな』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ