俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

つと見あげ金木犀の香にまどふ

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

・・・ど・・・・どが、不評でしたので。笑

最新の添削

「つと見あげ金木犀の香にまどふ」の批評

回答者 かこ

定食屋にコメントありがとうございます😊
添削案完璧でした。こちら、頂きます。🙇‍♀️
秋日和も少し違和感あったのですが秋の日に変えようとか考えてませんでしたね。推敲が浅いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

草に鳴くどこを寝床の螽斯

作者名 コウ 回答数 : 6

投稿日時:

白桃の肩の傷みをそつと剥く

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

引きこもり傘と無縁三十路かな

作者名 白南風 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『つと見あげ金木犀の香にまどふ』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ