俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

銀杏散るベンチに一つ二つかな

作者 染谷翔  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

かなの是非
銀杏がベンチの上に散ってのっていたよみたいな句です。

最新の添削

「銀杏散るベンチに一つ二つかな」の批評

回答者 いなだはまち

染谷翔さま
一言失礼します。

作者独自の「気づき」を詠みこみますと、共感に繋がりやすいです。
ただし、ストレートに語らず、読者を信じて淡々と描写に徹しましょう。

例えば、
「銀杏散るベンチをよける一葉あり」
例句の完成度は別にして、余計なことは述べないことで、味わいが生まれますし、作者の思いも読み手に伝わりやすくなります。
また、「俳句らしくしてやろう」などと、恰好つけないことも大事です。
一番避けたいのは、季語の説明や補足(と取られる)をすることです。
*一物仕立ては、また別です
少しでも参考になれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「銀杏散るベンチに一つ二つかな」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

染谷さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

(厳しくしてとか出来るの初めて知りました。間違っても僕は触らないでおこう…)

銀杏がベンチに一つ二つとあれば、その銀杏は間違いなく散った銀杏である事が分かります。なので「散る」は不要だと思います。
で、問題の「かな」の扱いですが、一つもしくは二つという不確かな数字を「かな」と詠嘆するのも違和感です。不確かだから悪いという事ではないのですが、詠嘆の対象にそうした曖昧な物を持ってくるのはどうにも引っかかりを覚えます。
そうした不確かな数詞を強調するより、主役である銀杏を強調した方が得しそうではないでしょうか。
あまり良い添削にはなりませんでしたが一応、一句提案します。

「ベンチには一つ二つと銀杏かな」

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

霧雨に青々し木々甘露かな

作者名 よした 山月 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

愛される人は謙虚や梅の花

作者名 佐渡 回答数 : 11

投稿日時:

朝の露光るあじさい日和かな

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『銀杏散るベンチに一つ二つかな』 作者: 染谷翔
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ