俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の昼人足絶えぬ古刹かな

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

やはり修学旅行、そして観光の秋は爽やかです。
秋の昼で詠みました。

最新の添削

「秋の昼人足絶えぬ古刹かな」の批評

回答者 鳥越暁

おはようございます
やはり映像を落とし込んだ方がいいと思います。
人足絶えぬを賑わうなどと言い換えることもできるので3文字くらいで色々推敲できそうですね

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の昼人足絶えぬ古刹かな」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

よろしくお願いいたします。
山栗の句にコメントありがとうございました。
確かに十七音の世界で心置きなく遠慮のいらない素敵な出会いがあるものですね。
大切にしたいと思います。
御句ですが、手堅く詠みましたね。秋の行楽シーズン古刹巡りの人多いでしょうね。紅葉が盛りになれば益々多くなるでしょう。しかしながら、コロナ禍でこちらは三蜜を避けていますので、例年通りとはならないでしょう。

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の昼人足絶えぬ古刹かな」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

三男さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

上五に季語がしっかり存在していて、その季語を取り巻く情景を中七下五に配置する。基本的な造りに則っていて、非常に手堅い一作になっていると思います。
ただ、手堅さのあまり小さくまとまっている印象も受けました。御句では古刹と一纏めにしていますが、古刹にも色々あります。語り手が実際に見て感動した古刹を落とし込むと、読み手にもその感動は伝わるのではないでしょうか。
若干ニュアンスが変わりますが、「人足絶えぬ」を「賑わう」と置いたらどうでしょうか。余った枠で色々出来そうです。

固有の名称を置いてみるとするなら
「秋の昼清水寺は賑わいて」

どんな古刹かを印象づけるなら
「秋の昼賑わう古刹の鈍の色」

など、古刹にもう少し寄り添ってあげたらどうかな、と生意気ですが申し上げます。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

まだ遠い春告鳥の出番かな

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

向日葵やラジさんのまかないカレー

作者名 つちや郷里 回答数 : 3

投稿日時:

公魚のあたりのかすか息を止め

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の昼人足絶えぬ古刹かな』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ