俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

束ねゆく稲架から一本子が振るう

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友人の子供なのですが、おじいちゃんが稲架を作るため稲を束ねている横で、落ちている稲を持って振り回して遊んでいました。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「束ねゆく稲架から一本子が振るう」の批評

回答者 04422

こんばんは!
お邪魔します。難しいですね。「稲架懸けを一本抜きて子の遊ぶ」思う様にコメント出来ませんでした。ここまでしか出来ませんでした。ご容赦ください。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初雷や焼き入れ前の日本刀

作者名 鬼胡桃 回答数 : 0

投稿日時:

背い高の紅コスモスが手招きし

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

炎天や英語のメニュー表慣れた

作者名 ぱいん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『束ねゆく稲架から一本子が振るう』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ