俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

流星や唱ふる間なき願ひごと

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中八・新旧仮名遣い交っていたので再投句です。

最新の添削

「流星や唱ふる間なき願ひごと」の批評

回答者 そうり

素一さま
よろしくお願いします。先般のご質問の件ですが、、。私は今年から俳句を始め、本道場へは1月21日に初投句しました。初期の頃は、それなりに多くを投句していたのですが、3月頃より本道場でご教示いただいていた「いなだはまち様」「南風の記憶」の勧めで「夏井先生」の運営する「俳句ポスト」「俳句生活」の選への投句をしています。「俳句ポスト」は二週間ごとに「兼題」が変わり、これもアドバイスでしたが、一つの兼題に対し「十句」を目標に捻っています。(なので、毎日一句は捻っています)また、お二方のアドバイスにより、投句以上に添削は勉強になるので、是非、参加するようにとのご教示により、俳句初心者のくせに、添削を中心に、この道場に参加させて頂いています。(本道場の「かこ乃様」にも沢山教えていただいています)、、、ということで、本道場は、最近は、兼題が変わるごとに「一句」を目標に、捻っている所存です。今後とも、駄句が目に留まりましたら、添削、句評、アドバイスよろしくお願いします。
御句・・・まとまっていて、一瞬を切り取られた一句と存じます。流星→願い事→一瞬、、、、類想も多そうで、、、いかに「素一様」のオリジナリティーを出すかでしょうか?毎度毎度の失礼、ご容赦願います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「流星や唱ふる間なき願ひごと」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

素一さま こんにちは
気兼ねなく伸び伸びとした気持ちでいると生活の中に楽しい時間が育ち、一瞬の流星もその瞬間を照らし出してくれるようです。
素一さまのこちらの作品が私にも語りかけてくれるようです。
誰にも人の心はわかりませんが、相互に尊敬の念を保つ限り通じるものはあるようです。
"みのる先生"のような方がこの道場にいらっしゃるので、私も"素一さま"と共に俳句が上達するように励みたいと思っています。今後とも変わらずによろしくお願いいたします。
失礼いたします。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「流星や唱ふる間なき願ひごと」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

素一様
よろしくお願いいたします

「秋湿り」へのコメントありがとうございます。少しづつですがいろいろな季語を覚えてきて、自分で句を考えた時に思い浮かぶ季語が増えてきました。
おっしゃる通り「鶴を折る」のが自然だと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「流星や唱ふる間なき願ひごと」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

蟋蟀の句へコメントありがとうございます😊
練り直します。
貴句は長い事が長文という事でしょうか😜名詞で終わっているのが歯切れ良いですね。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「流星や唱ふる間なき願ひごと」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

素一様
よろしくお願いいたします

「秋麗」へのコメントありがとうございます。そうなんです。上の歯が見えて赤ちゃんせんべいを食べるようになったと思えば今度は立つように。日々俳句のタネを撒いてくれる我が子に感謝。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鏡開母の冷たきかかとかな

作者名 森 教安 回答数 : 3

投稿日時:

鼻奥を掻き回されし日の夜長

作者名 卓鐘 回答数 : 22

投稿日時:

空カケル初孫知らす初電話

作者名 中里 敏 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『流星や唱ふる間なき願ひごと』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ