俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

神様のこぼした粗目天の川

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

砂糖、粗目、グラニュー糖、色々考えたんですが粗目がいいかなと。😅

最新の添削

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 優子

かこ乃様 添削ありがとうございます。レイモン.ペイネは、フランスの画家で、軽井沢に美術館が有り、軽井沢プリンスホテルにも幾らか展示して有り、売ってもおります。添削して頂いて、もう一度、同じ題材で考えてみているところです。どうぞ宜しくお願い致します🙏

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

おはようございます!
お邪魔します。「粗目」正直読めませんでした。「粗目雪」などの言葉がありますが漢字で表そうなんて考えもしなかったです。天の川確かに粗目雪みたいです。言い得て妙と思いました。ありがとうございました。

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

かこ乃さんこんにちは。
コメントありがとうございます。
ネタは二歳半のウチの孫です。時々、「どこの星の言葉ですか?」と、突っ込みたくなるような「£@§#◎◇☆だよ~。」
とか喋るので。
「粗目」。中々お砂糖の種類として思い当たる人は居ないのでしょうか?
私は面白い発想だと思います。
また、ご意見お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

かこ乃さま こんにちは
名前を変えられて、文壇に登場するお人の印象を受けました。
早速ですがご指摘いただいた点について語源を掘り下げると、やはり漠然と受け止められてやむを得ない言葉遣いでした。
ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

かこ乃さま こんにちは
取り箸料理はご指摘いただいたどおりですね。
きょうの慌ただしい日本のニュースはこちらでも聞かれますが、新型疫病対策と自然災害復興支援、突然で困りました。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

朝霧「や」。確かに考えました。
ただ、朝霧の空間にと言うのを今回は重視しました。
素直に「や」で切った方が良かったかも。

正直、特に最近はコンテストのような物に参加する意欲がわきません。
季語に真正面からぶつかっていくという正攻法では私に勝ち目が無いので。
勝ち負けじゃないのは分かっているんですが、にしても今の私はまだ季語がよく分かっていません。

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

かこ乃さま こんばんは
私の作品をたくさん検証していただき、大変ありがたく受け止めています。
今回麝香草ですが、実は私も試してみました。
語源と現象の経過を言葉に反映するにおいて、文法上の齟齬はないか判断を難しくする場面と分かれ道は俳句の字句を綴る上で楽しい悩みとなっています。
かこ乃さまのご指摘を私は励みにしていますのでお礼を申しあげます。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「神様のこぼした粗目天の川」の批評

回答者 季詠

句の評価:
★★★★★

こんばんは😌
眼鏡の句にコメントを下さり、ありがとうございました。
「と」の意図を汲み取っていただけて、嬉しいです。「掛け初めの」はちょうど俳句の勉強を始めたばかりのおずおずとした感じが出せたらなと思い、こう詠ませていただいたのですが、「新しき」でも心機一転! といった溌剌とした感じが出ていいですね😊悩ましいです。

御句、とても好きな句です! 星を砂糖に例えるという発想自体が甘くロマンティックなものですが、「神様のこぼした」で雄大な天の川のスケール感が見事に捉えられている素敵な句だな、と思いました。どちらかに応募すれば良かったのに、勿体ないというのが素直な感想です😣💦

点数: 1

添削のお礼として、季詠さんの俳句の感想を書いてください >>

神様の零したざらめ天の川

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

かこ乃様、「雲の峰」の拙句へコメントありがとうございます。

御句ですが、他の方も述べられているように、発想の美しさにハッとさせられました。添削ということではないのですが、ただ一点だけ。粗目は”ざらめ”と書いた方が、読み手に分かりやすいかもしれません。また、こぼしたを「零した」と表記すれば、さらに神々しさが増すように思います。

私自身、とても学ばされる一句です。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暁を目に鳥渡る緋い影

作者名 空吉 回答数 : 2

投稿日時:

花曇りやツーショットに咲く父母の笑み

作者名 みちょ 回答数 : 1

投稿日時:

紅さして介護施設の雛祭

作者名 らりこ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『神様のこぼした粗目天の川』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ