俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天界と俗界へだつ夏の霧

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

三男さまへのコメントを形にしてみました。やや観念的ですね。

最新の添削

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 孫春艶

いなだはまち 様
お世話になっております。

褒めていただいて、非常に嬉しかったです。🥰🥰🥰
24日、息子3人との飲み会ですが、学業や仕事や昔のことも、お酒を味わいながら、話題をゆっくり進んでください。🍻
御提案の句、もっと詩情を溢れ出します。
冷酒に記憶の扉開かるる
五月雨るると開かるると古語の使い方でしょうね。これから調べます。🤳
改めてありがとうございました。🙇🙇🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、孫春艶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様 こんばんは
励ましと助言を頂戴いたしありがとうございます。
懸念されている歳時記は最も欠かせない教本ですから、ネットで検索する方法などの資料は作りました。
こちらで入手出来ませんので、俳句の基本とともにしっかり調べるよう改めて話をさせていただきます。
作品の善し悪しはさておいて、勉強を諦めず続けられる人だけ道場に案内したいと思っていますので、ご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申しあげます。
中国で見かける夏の霧も大変見応えがあります。
ご進言をありがとうございました。

点数: 2

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 孫春艶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち 様
おせわになっております。
 
夏休みで子供と一緒実家に戻りました。
お礼の言うのも夜九時過ぎに延びて、大変遅くなって、すみませんでした。
 🙇🙇🙇
ご指摘の季語を調べて、春の季語が間違いなく、こちらの受験はすでに夏の頃ですね。👩‍💻👩‍💻👩‍💻
ご連絡の季語の拘る必要がないこととよく理解しました。
できるだけ避けるようにいたします。
 
2句考えましたが、余裕のある時に、お目に通していただければ幸いです。
 
夏の夜待ってる子の手に賞状
夏の夜賞状見せる子の笑顔
 
そして切れ字「や」と「の」
「や」ははっきり切れる必要がなく、「の」のほうがいいですね。
添削、大変ありがとうございました。
🙇🙇🙇

点数: 2

添削のお礼として、孫春艶さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 胡 秋興

句の評価:
★★★★★

いなだ様
こんにちは😃
いつもお世話になります。有難う御座います。
「汗」の一句はご批判していただき、ありがとうございました😊

芭蕉の名句を手本で教えていただき、理解易くなって勉強になりました。「や」と「に」に対して、「や」を使ったら、詩の韻律があり、想像の余裕がに残るのです。

◆古池や蛙とびこむ水の音
◆古池に蛙とびこむ水の音

型を守る、
季語の選択、
切れの活用
思えます。

再びありがとうございました😊

点数: 2

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、拙句へのコメントありがとうございます。

いえいえ、好きに批評なさっていただいて構わないのですよ。なぜ人選句を投稿したかと言いますと、それなりのレベルの句の方が、批評しやすいと思ったからです。また、自分がどのようにして俳句を学んできたか、一度その足跡を辿ってみてもいいのかなと考えましたので。

さて御句ですが、もう少し具体的な映像を足してもいいのかなと感じます。私なら「俗界」を削るでしょうか。この四音分で、まだ工夫できそうな気がします。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

追記です。

いなだはまち様の「おうちde俳句」での健闘、とても励みになります。

私は人事の句が苦手なので、今回は勉強させていただきます。いなだ様の句は、やはり人生経験からくる深みが感じられます。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様、早速の返信ありがとうございます。

いえいえ、社交辞令などではありません。 「人生の深み」これこそが、私の一番の弱点だと思っているからです。私の場合、ややテクニック偏重になりがちで、安定感はあっても爆発力がない。人選には入れても、地選以上にはパワーが足りない。そこが課題だと自覚しています。

隣の芝生は青いとでも言いましょうか、周りの人が優れて見えてしまいますよね。結局は自分の武器で戦うしかないのだと、最近悟りました。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 胡 秋興

句の評価:
★★★★★

いなだ様
お世話になっております。
「Gパン」の一句はご批判していただき、感謝致します。
これから句を作ってから、先に詠いまして、なんか不足のことを気つけして、急がなくて、少しずつそのペースを踏み出します。
今回は失礼いたしました。申し訳ございませんでした。
ご批判していただき、ありがとうございます。
謝謝!

点数: 1

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 孫春艶

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
お世話になっております。
 
念のため再びご連絡して、丁寧に説明していただいて、とても感動ですよ。
知識について、端正な態度を敬服しました。
 
誠にありがとうございました。
 

点数: 1

添削のお礼として、孫春艶さんの俳句の感想を書いてください >>

「天界と俗界へだつ夏の霧」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
よろしくお願いいたします。
「冷えた飯」の句への添削、参考句ありがとうございました。
参考句、哀愁の念が強くなりましたね。ご飯が涙の塩っけでしょっぱくなりそうです。
私の句からはおっしゃる通り一抹の寂しさを感じると同時に、ご飯を用意してあったことと、家族が寝ている様子にそれでもどこか温かさを感じればなと、つくりました。

夏の霧
なんだか不安感ある幻想さを感じました。霧という視界を悪くするものが、不安と幻想を与えるのでしょうね。こういったものを見つけていくと、霧から浮かぶイメージのレパートリーを増やしていけると思うと楽しいです。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の風に女尻で歌う宇宙よりも

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

しゃぼん玉くるくる回る夕陽かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

色剥げる昭和の遊具花の屑

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天界と俗界へだつ夏の霧』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ